Browsing: 日本書紀

磁針
0

 子供の頃に、兄弟でよく楽しんでいたのが日本一周の双六でした。直江津という地名は、双六で何度も通った場所であり、行ったことがなくても親しみのある地名でした。この直江津からフェリーで2時間ほど乗ると、金山で有名な佐渡ヶ島に到着します。そしてこの島で朱鷺(トキ)に会うことができました。

磁針
0

 こんなタイトルの番組があったような気がするが、そんな高尚なことではない。  なかなか新聞を読めないので、山になっている。5月○日とあったので、先々週かと思ったら、昨年だった。たまりすぎたので、無作為にとったら、今年3月の朝日新聞だった。

磁針
0

   4月27日は、駅伝の日です。駅伝とは、数人のランナーが長距離をリレー形式で、たすき渡しをしていくという日本では人気のある陸上競技です。駅伝という言葉自体は、日本書紀にも記載されているほど古い言葉で、首都と地方の間の道路網に置かれた中継所のことを「駅」と言います。

磁針
0

   日本書紀に、「西洲の宮に崩りましぬ。よりて日向の吾平山上陵に葬りまつる」と記されている吾平山上陵(あいらさんりょう)。上陵(りょう)とは、天皇や皇后のお墓の意味です。そこは、日本を初めて統一して大和朝廷をつくった神武天皇の父である盧茲草葺不合尊