Browsing: 日米文化会館

特集記事
0

 南カリフォルニアで社会福祉サービスを提供する「リトル東京サービスセンター(LTSC)」は今年創設40周年を迎える。1980年10月、小東京にオフィスを構えた創設時のスタッフは、所長のビル・ワタナベさん、バイリンガル・ソーシャルワーカーの坂本安子さん、事務員(現コミュニティー・オーガナイジング・ディレクター)のエべリン・ヨシムラさんの3人。弱者を救う社会福祉サービスを活動の柱にしてスタートしたLTSCは、40年間でプログラムの増加とスタッフ増員を進め地域社会になくてはならない団体に成長した。子ども、若者、家族、高齢者の全世代の暮らしをサポートする社会福祉部、住宅やホームレスの問題、地域のビジネス支援まで幅広く取り組む地域開発部、日系社会で育まれてきたスポーツで地域を結ぶテラサキ武道館。今年の新年号ではこれらLTSCの「社会福祉・地域開発・テラサキ武道館」の三本柱に焦点を当て特集する。【麻生美重】

コミュニティー
0

 米国書道研究会の「女流書家六人展」と「米国書道研究会選抜展」が5日、日米文化会館のドイザキギャラリーにベテランと若手の20人の40作品が一堂に並べ同時開幕した。来賓に武藤顕総領事、海部優子・ジャパンハウス館長、日系社会諸団体の代表、各界の文化人などを迎え、会長と2役員が席上揮毫を披露し2展の幕開けを祝った。

コミュニティー
0

 農水産物など県産品の米市場での開拓に力を注ぐ宮崎県が、焼酎の認知度向上と輸出拡大を目的としたプロモーションイベントをLA2カ所で行った。3蔵元と来米した宮崎県経済交流局グローバル戦略担当の大隅崇行さんは、数ある県産品の中から焼酎に絞った海外でのPRは珍しいと言い、県の意気込みを感じさせた。

Music
0

 第79回二世週祭に日本の芸能プロダクション「ジャニーズ事務所」の男性人気アイドルグループ「美少年」が参加することが2日、同祭から発表された。グランドパレードに登場し、高野山別院でコンサートを開く。 旋風を巻き起こす。美少年のメンバーは、藤井直樹、那須雄登、浮所飛貴、佐藤龍我、岩崎大昇、金指一世の6人のユニット。  ジャニー事務所の社長で、先月9日に亡くなったジャニー喜多川氏は、小東京に縁がある。父親が高野山の僧侶で開教師として渡米し、小東京の高野山米国別院で主監を務めた。米国で生まれた喜多川氏は、日本帰国後も別院を気にかけ、自らが設立した事務所所属のタレントを連れて別院ホールで、ファンドレイズのコンサートを開いた。今回の美少年のコンサートは生前の喜多川氏の遺志であり、別院のファンドレイズを兼ねている。  美少年は、10日(土)午後5時から日米文化会館で行われる同祭公式行事「サンセット・オン・プラザ」に参加する。11日(日)は、午後4時開始のグランドパレードに参加し、同日午後7時半から高野山別院で、コンサートを開き別院の太鼓グループと共演する。コンサートのチケットは、20ドル。3日午前10時に販売開始。 二世週祭の詳細は、電話213・626・2778。ウエブサイト― www.niseiweek.org Tickets will go on sale Saturday at 10 a.m.…

コミュニティー
0

 小東京にある日米文化会館(JACCC)がこのほど、ロングビーチのハイアット・リージェンシー・ホテルで第39回祝賀晩餐会を開催した。日本食の普及にちなみ、テーマは「Kanpai! A Toastto Culinary Arts」とした。この日はコミュニティーに貢献した個人と団体へ贈る賞の授与も行われた。

コミュニティー
0

 1969年の設立以来、オフィスを構える小東京に根を張り、高齢者向けの社会福祉サービスを無償提供するとともに、教育、文化、趣味など22の教室・プログラムを持つ非営利団体「日系パイオニアセンター」は、今年50周年を迎えた。半世紀の節目を祝う式典をこのほど、モンテベロのクワイエットキャノンに参加者176人を集め盛大に催した。高齢者を支え日系社会の発展に貢献する大きな業績をたたえ、「次の50年」へ向け、原点に帰り設立者の意思を守り、サービスをいっそう充実させ奉仕することを誓い合った。

1 2 3 7