Browsing: 日米文化会館

磁針
0

   今年は、キリストの復活祭とお釈迦様の誕生を祝う花まつりが同じ日だった。教会やお寺に出かけた人も多かったことだろう。  日米文化会館ガーデンルームでの、LA仏教連合会主催の花祭りは天候もよく、花と緑に囲まれたいい環境だった。

特集記事
0

 日米文化会館は、日本の美術品収集家ジョー、悦子プライスさん夫妻が所有する陶器に花を生ける華道展「土と花びら」を開催している。三大流派の池坊、草月流、小原流が、それぞれの個性を生かした作品を出展。展示会は、東日本大震災の犠牲者追悼の意を込めている。

特集記事
0

 日本の遺児支援団体「あしなが育英会」が来年1月に完成を目指す東日本大震災の遺児の心のケア施設「東北レインボーハウス」の建設資金捻出のためのバザーが震災1年に合わせた11日、アーバインのヤマハ音楽教室で開催され約500人の来場者で賑わった。3日に同所で開いたピアニストの平原誠之さんのチャリティーコンサートの売上げを合わせ、目標に定めた2万ドルを超える収益を挙げた。

特集記事
0

 耐震性に安全上の問題が生じ、昨年1月から休館状態にあったアラタニ日米劇場の補修工事が完了し、7月に1年半ぶりに再開の見通しとなった。それを受け1日、劇場を所有する日米文化会館でグレゴリー・ウィリス館長兼CEOが、劇場利用者や日系メディアなどを集めて説明・意見交換会を開いた。永続的な劇場運営の指針が示され、サービスの向上、経営の再建を図る。

特集記事
0

 日本語による福祉サービスを無償提供し、各種日本文化、時事英語、市民権取得などさまざまな教室を持ち、社会に貢献する非営利団体「日系パイオニアセンター」は2月25日、日米文化会館で2012年度総会と新年親睦会を催した。小田切敏郎領事や日系諸団体の代表ら来賓、支援者、奉仕員など約80人の参加者が見守る中、マック宮崎新会長と役員25人が就任した。

 ニュース
0

 加州のジェリー・ブラウン知事が財政難建て直し策の一環で提案している再開発事業局(CRA)の閉鎖を受け、ロサンゼルス市議会は11日、CRAロサンゼルスの業務と従業員を引き継ぎ、市が事実上の「後任機関」となるべきかの表決を行ったが、財政難を理由に9対3で同案を却下した。

1 4 5 6