Browsing: 日系パイオニアセンター

コミュニティー
0

 日系パイオニアセンターの「基礎の写真教室」で学ぶ生徒25人による写真展が17日(土)18日(日)の両日、日米文化会館で催される。展示は学習の成果の発表を目的に学期末に毎年催し、7回目の今年は「花」をテーマにし、接写にも挑んだ力作約120点が紹介される。

コミュニティー
0

日系パイオニアセンターではこのほど、在宅介護エージェンシー「PACE CARE」主催による日本語使用の「寝たきり高齢者の介護の仕方 実践セミナー」を開催した。前・後2回にわたるこの無料講座では、看護師で老年看護学専任教員の三島八重子さんが講師を務めた。講義の後半であるこの日は前回の約半数、15人前後の受講者が熱心に耳を傾けた。【麻生美重、写真も】

コミュニティー
0

 日本語による各種社会福祉サービスを無償で提供する非営利団体「日系パイオニアセンター」は21日、今年度総会と新年親睦会をモンテベロのクワイエット・キャノンで催し、竹花晴夫新会長が就任した。日系社会の多方面から集まった約100人の参加者から激励を受けた奉仕メンバーは、さらなる社会貢献に向け全力を尽くすことを誓った。

特集記事
0

頭痛や鼻血、山口弘・淑子さん夫妻の苦悩  「ガス会社は住民のことをまったく考えていません。住民が住めなくなるほどの環境災害を起こしておきながら、彼らの対応はあまりに勝手すぎます―」。日系コミュニティーのさまざまな場面で活躍を目にする機会も多い山口弘・淑子さん夫妻。2人はガス漏出事故が発生したポーターランチの住民だ。SoCalGas施設で漏出事故が発生した昨年10月23日以降、度重なる健康被害に悩まされ、現在は転居先で避難生活を送っている。山口さん夫妻に、事故発生からこれまでの生活の変化や苦労、ガス会社に対する憤りなど話を聞いた。【吉田純子、写真も】

コミュニティー
0

 文化・教育プログラムや社会福祉サービスを日本語で提供する非営利団体「日系パイオニアセンター」は16日、小東京の日米文化会館で毎年恒例の新年親睦会を開催した。会員や理事、役員メンバーのほか日系諸団体の代表者らが集まり、新年を祝福するとともに、さまざまなプログラムを通して今後も社会奉仕活動に積極的に取り組んでいくことを約束した。

コミュニティー
0

 日系パイオニアセンターの「基礎の写真教室」の講座をとる生徒が5月25日、サンゲーブル・マウンテンのモンロビア・キャニオンパークに出かけ、初の野外撮影会を行った。参加した16人が、目的の滝を目指してトレッキングで汗を流しながら、花や新緑、沢などの撮影方法を学んだ。

1 2