Browsing: 映画

磁針
0

 人間はしょせん他人の心の内はわからない。だからこそ心を開いて話し合う必要がある。その道具が言葉であり、言葉は時代と共に変わってゆく。時と共に常に新しい言葉が生まれたり消えたり残ったりする。どういう言葉を使えば自分の気持ちが相手に伝わるのか。人は膨大

磁針
0

   夏休みに入って、バラエティに富んだ映画の新作が次々発表され、観客動員数や売り上げが競われている。  もう20年ほども前のことだが、シカゴの小さな映画館で、映画評論家のロジャー・イーバート氏と映画を観たことがある。と言っても、彼は私の

磁針
0

   話題のハリウッド映画「ゴジラ」を見た。子供の頃はお転婆娘だったので怪獣映画は全て見ていたが、大人になってからはSFものは好んでは見なくなった。しかし今回は、家族に強く誘われて出かけることにした。  夫も子供たちも、きっと私は上映中に寝るだろ

磁針
0

   「これは『なかよ』と読むのか、それとも『なかしろ』か。どっちだ」と、映画撮影のオーディションに参加した19歳の仲代達矢さんに、はじめて面通しをした黒澤明監督が唐突に聞いたそうです。  仲代さんは、「なかだい、であります」と答え

磁針
0

   アメリカの歴史の負の遺産の部分に正面から取り組んだ力作、「Twelve Years A Slave」(邦題「それでも夜は明ける」)が今年のアカデミー賞最優秀作品賞に選ばれた。東部で自由人として生活していた黒人が騙されて誘拐され、南部に奴隷として送られ、12年間プランテーションで重労働

磁針
0

   『Hollywood』~世界に知れ渡るブランドを持つLA(ロサンゼルス)は、100年前から始まった「映画の都」だ。ディズニー、ワーナー、ユニバーサルなどの「メジャー」と呼ばれる映画会社は、撮影スタジオや配給部門を所有し、世界中へ作品を制作し提供し続けている。

磁針
0

   パサデナのプレイハウスで、是枝裕和監督の「そして父になる」(Like father like son)を見た。カンヌ国際映画審査員賞を受賞した作品とあって、アメリカでも話題になっている。  学歴、仕事、家庭、すべてを手に入れ、自分は人生の「勝ち組だ」と信じていた主人公の野々宮

磁針
0

   渡辺謙はいつから「ケン・ワタナベ」になったのだろう。  世界で活躍する日本人はオノ・ヨーコのようにカタカナ表記だったり、欧米風に名字と名前を逆にして呼ばれるようになることがある。  渡辺はおそらく2003年にハリウッド映画

磁針
0

   このLAにいると、思いがけないことが起こる。まさかの出会いがあったり、日本にいた時には意識しなかったことを意識させられたり、刺激的なことがある。  今回、全くの偶然から学生の映画撮影に付き合うことになった。日本人の女優さんが着物を

磁針
0

   10年ほど前だったと思う、オレンジ郡に大きなショッピング・モールが完成した当初、建物内にまだ数カ所、入居が決まっていない店舗用のスペースが残っていた。そしてそれらのスペースを覆っていた板壁には装飾用に東西の有名人たちの名言がちりばめられ、

磁針
0

 第二次大戦が終了してしばらく、私がまだ小中学生だったころ、映画は私たちにとってほぼ唯一の贅沢な娯楽だった。  映画のスクリーンに人生を重ね、笑い、泣き、そして銀幕の俳優さんに憧れたものだった。最近は3D映画も登場し、臨場感あふれる体験も可能だが、私にとっては昔の白黒映画のほうが胸に迫るものがある。

磁針
0

 映画「マネーボール」を見た。2003年に出版された同名の本に基づく映画化だが、大変興味ある内容である。  ブラッド・ピット演じる主人公ビリー・ビーンは、メジャー・リーグ球団オークランド・アスレチックスのゼネラル・マネジャーだ。しかしNYヤンキースとは違い、年俸の高いスター選手の補強は出来ない。