Browsing: 歌詞

磁針
0

 LAでの八代亜紀さんのコンサートが行われたときに、あるモンゴルの国民的な愛唱曲が歌われました。『JAMMAS真実はふたつ』というタイトルのこの歌には、一人の女性が生まれて死んでいくという生涯が綴られていました。「私が生まれた日 父さんもそして誰も みんな笑って喜んだ 泣いたのは私だけ 」という歌詞がありました。

磁針
0

 「春です、プランタ〜ン無理もない」  眠くて、眠くて堪らない昼下がり、ふと、口をついて出てきたメロディー。子供の頃に、歌っていた。歌詞は定かでない。メロディーが好きで、春です、春です、プランタン無理もない♪ と鼻歌みたいに繰り返していた。

磁針
0

   日本の歌百選に選ばれている童謡「里の秋」、歌詞も曲も美しく好きな歌だ。  1、静かな静かな里の秋/お背戸に木の実の落ちる夜は/ああ母さんとただ二人/栗の実煮てますいろり端  2、明るい明るい星の空/鳴き鳴き夜鴨の渡る

磁針
0

   ♪ウへッフォムフフィテ、アハルコフホフホフホフ…このフレーズを正しく発音し、しかもメロディーを正確に口ずさむことができる人は、おそらく60歳以上の人か—。  ちょうど50年前の1963年5月、全米に先駆けて加州フレズノのラジオ局が「スキヤキ」のタイト