Browsing: 民度

磁針
0

 私たち詩吟流派が催す恒例の「春季吟詠大会」が先月末に実施された。会員自身が選んだ吟題を吟詠するのだが、その中で師範の一人が吟じた詩が私にはひときわ印象深く響いた。その吟題は「党人の歎」という詩で、安井朴堂という明治から活躍した教育者で、詩の内容は明治の政党人の対立、抗争、謀略に憤慨する内容の詩だ。

磁針
0

   日本は参議院選挙もおわり、新しい政治が動き出した。  総務省の発表によると、今回の参院選の投票率は選挙区選、比例選ともに52・61%で、いずれも前回2010年参院選を5・31ポイントも下回り、過去3番目に低い投票率に終わったそうだ。

磁針
0

   先月、任務を終えて日本に帰る新聞社の特派員A氏と最後の昼食を共にした。いつも、帰国する駐在員には必ず、アメリカの印象について聞くことにしている。A氏の場合は、「アメリカは日本に比べると民度が高いですね」とさらりと言ってのけた。「民度が高い」とか「低い」という、