Browsing: 江戸

磁針
0

 所作がきれいな人は美しい。先日、東をどりを観賞した。そこで見た新橋芸者はうちわをゆっくりとあおぎ、ただ立っているだけで美しかった。ひとたび舞台に立てば、優雅な舞で人々を魅了する。  東をどりは年に一度、新橋演舞場で4日間にわたって行われる初夏の催し。

磁針
0

 世間をお騒がせして申し訳ありませんでした…深いお辞儀を最低10秒。日本の報道でよく見る光景だ。不祥事を犯し最早逃れられず、謝るしかなくなった状況で開く謝罪記者会見。そこで必ず目と耳にするこの言葉は、やった事をぼかすごまかしである。なぜ犯した

磁針
0

 かなり前から長崎の「隠れ切支丹」に興味をもち、関連する本を読みあさっている。切支丹は、ポルトガル語のCristaoから由来する。1549年フランシスコ・ザビエルの布教以来、日本に広がったキリスト教(カトリック)およびその信者を指す。江戸幕府に邪宗と

磁針
0

   ワシントン州のオリンピック半島は、西は太平洋に面し、北はワンデフーカ海峡を挟んでカナダと対峙。中央部の山脈は夏でも頂に雪が残るところだ。先ごろ私は日本からの来訪者に同行し、シアトルから約200マイル、半島でも最北西端の地を目指した。

磁針
0

   日本語は古来より変遷を続け今の現代語があるが、日本語自体をやめよう、日本文字をやめようという真剣な次元での危機が近現代で2度あった。維新後の明治新政府下と第二次大戦直後の日本だ。  この歴史は碩学高島俊男先生の名著「漢字と

磁針
0

   江戸の昔から人間が生きるということは、穢(けが)れを出すことだと考えられていました。食べれば排泄も必要だし、体には垢という名のゴミがつきます。  もちろん人間関係の中で溜まったゴミや疲れを落とすことも必要だと考えられてきました。

磁針
0

   言葉が時代を通過して生き抜いても、意味が変わってゆく例は多い。  以前、トシマという姓の熟年のご婦人に、トシマの姉さんと呼んだら「まあ、年増だなんて」と怒ったふりをして笑った。年増という言葉は、今は大体30代半ばくらいから40代半ば、さらには50歳前後までの婦人も

磁針
0

   江戸の花火は隅田川、この花火大会は1732年(享保17年)に発生した大飢饉とコレラの犠牲者を弔うため、翌年の7月9日(旧暦)両国の川開きに始まったそうだ。当時は20発前後、以後中断はあったものの人々の花火への思い入れは強い。

磁針
0

 携帯電話という動かぬ証拠が出てしまった八百長相撲。どう決着をつけるのか、なかなかいい知恵が出ないようだ。  江戸の昔から八百長相撲はあったらしい。「騙されたふりをして歌舞伎のように楽しめばいい」とは、石原慎太郎都知事の弁。