Browsing: 海部優子

コミュニティー
0

 先端技術から食、観光、ポップカルチャー、伝統文化など幅広い日本の魅力を全米に発信する外務省主導のプロジェクトを運営する「ジャパン・ハウス・ロサンゼルス」(海部優子館長)は、本拠を置くハリウッドで20日、日本のユニークなグッズや匠の技が光る地方の特産物などを取り揃えたショップを、来年6月末予定のグランドオープンに先駆け開店した。海部館長は「第一歩を踏み出し、身の引き締まる思い」と、感慨深げに話した。

コミュニティー
0

 ハリウッドに年内の開館を予定する「ジャパン・ハウス・ロサンゼルス」(海部優子館長)は、館内のショップとギャラリー(巡回展など)の両スペースのデザインを手掛ける現代美術家の名和晃平さん(彫刻家、京都造形芸術大学准教授)を招いた講演会を2日、ロサンゼルス・ダウンタウンのブロード美術館で開いた。名和さんは、アート・デザイン関係を主とした招待客約150人を前に、独創的な作品を披露し、そのコンセプトについて語った。

コミュニティー
0

 在ロサンゼルス日本総領事館は、JETプログラムにかつて参加し、日本で外国語指導助手などの任務を終えた帰国者で組織する「米国JET同窓会協会」の歓迎レセプションをこのほど、小東京で開いた。イベントは、来年の協会設立30周年に向けたキックオフセレモニーを兼ね、参加者は記念祝賀行事に向け団結を強めた。

コミュニティー
0

 来年夏に予定する「ジャパン・ハウス・ロサンゼルス」開設へ向けたフォーラム「カルチャー・スタートアップ」がこのほど、日米の関係者を集め小東京の「タテウチ・デモクラシー・フォーラム」で開かれ、海部優子館長がプロジェクトの構想や展望を語った。訪米した日本人アドバイザー4人は、スペース・デザイン、食、物販、地方創生の各分野のコンセプトを紹介し、米国人有識者らパネリストらと意見を交わした。【永田潤、写真も】

コミュニティー
0

ドジャースは26日、本拠地でのレイズとの対戦前のフィールドで、日本の文化や芸能を紹介する夏恒例の「ジャパンナイト」を催し、「ジャパンハウス」(海部優子館長)が、来年夏の開設に向けPRした。日本人と日系人アーティストが各種パフォーマンスを披露して盛り上げ、始球式では千葉明・新総領事が一球を投じ、前田健太投手がキャッチしイベントを締めくくった。日本を前面に押し出した演出で、ドジャーファンの心を掴んだ。【永田潤、写真も】

Featured
0

 第76回二世週祭(デイビッド・テラガワ実行委員長)の開幕式が17日、全米日系人博物館で催され、新村出・在ロサンゼルス日本総領事代行をはじめ大川智JBA(南カリフォルニア日系企業協会)会長や各支援団体の代表など来賓ら約200人が参列し、伝統の祭の幕開けを盛大に祝った。

コミュニティー
2

 ドジャースは26日(火)午後7時10分開始のレイズとの試合前のフィールドで「ジャパンナイト」を開催する。イベントは、「ジャパン・ハウス」がスポンサーとなり来夏の開設に向けPRするほか、日本人、日系人アーティストが各種パフォーマンスを披露する。先着4万人の来場者に前田健太投手のボブルヘッド人形が無料配布される。

Featured
0

 日本の文化や先端技術を全米に発信する新たな拠点「ジャパン・ハウス」(仮称、来夏開設予定)の活動内容と施設の概要を紹介するイベントが10日、政財界や文化芸術、エンターテインメント、コンテンツなど各界から約200人を招きセンチュリーシティーのインターコンチネンタル・ホテルで開かれた。ハリウッドの中心部に位置する大型モール「ハリウッド&ハイランド」内への設置が発表され、就任あいさつを行った海部優子館長や、アドバイザーを務めるロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKIさんが抱負を語った。

コミュニティー
0

 日系社会伝統の第75回記念「二世週祭」(テリー・ハラ実行委員長)の開幕式が19日、小東京の全米日系人博物館で開かれ、堀之内秀久・在ロサンゼルス日本総領事、海部優子・JBA(南カリフォルニア日系企業協会)筆頭副会長ら来賓や各支援団体の代表など約200人が参列した。

磁針
0

 映画館に行くと、他の観客が帰り始めても必ずエンドロールの最後まで見ることにしている。それほど映画通というわけではないし、映画界に知人が多いからでもない。エンドロールに記載されている日系人や日本人名を見つけるのが楽しいからだ。

磁針
0

 新年まであと数日となった。2015年はさまざまな意味で節目の年だ。日米関係でいえば戦後70周年だし、日系コミュニティーでは二世ウィークが75周年を迎える。ロサンゼルスで領事館が設立されたのも100年前、1915年(大正4年)7月14日のことだ。

磁針
0

 当地にインターナショナル・ビジターズ・カウンシルという国際交流団体がある。米国政府が招待する各国の中堅リーダーたちが南加を訪問する際に、訪問先の手配やホームステイなどのアレンジを行なっている。会員たちが来訪者を夕食に招待したり、地元団体

1 2 3