Browsing: 混声合唱団

磁針
0

 アメリカではボランティアは誰でもするもので、日常生活の中に当然の事として組み込まれている。誰の生活も忙しく、誰も余分なことはしたくない。それでもする人は何かを犠牲にしてやっているので、いつかは必ずたたえられる。それがこの国の優れたところだ。  高校の卒業式で一番最初に表彰されるのは、学業成績の優秀だった生徒ではない。

磁針
0

   震災から2年目の3月10日、私の所属する混声合唱団はLove to Nipponというイベントに参加した。LAPDのオーディトリアムで「花は咲く」を歌った。  会場屋外には、日本に向かって立てられたメモリアム彫刻が黄金色にひかり、祈りが捧げられた。