Browsing: 獅子舞

コミュニティー
0

 記念すべき75回目を迎えた今年の二世週祭(テリー・ハラ実行委員長)が23日、閉会式を終えた。同日、1街で行われた街頭音頭には同祭新女王のサラ・クニコ・ハッターさんとコートたち、音頭ダンスの振付けを担当した坂東秀十美社中をはじめ、南加地区で活動する日本舞踊の各社中など、多くの人が参加し、小東京を熱気で包んだ。【吉田純子、写真も】

コミュニティー
0

  晴天に恵まれた12日、北米沖縄県人会(國吉信義会長)は毎年恒例のサマーピクニックをサウスエルモンテ市のウィティアナロウ・レクリエーションパークで開催した。今年は昨年より200人ほど多い800人が大集合。若手メンバーの活躍も目立ち、世代を超えて集まった会員たちは沖縄伝統の民謡や舞踊、盆踊り、食事やゲームなどを楽しみながら沖縄スピリットを分かち合い、夏のひとときを楽しんだ。【中西奈緒、写真も】

特集記事
1

 15回目を迎えた元日恒例の新春祝賀イベント「お正月イン・リトル東京」が、ウエラーコートとジャパニーズビレッジプラザを両会場に開催され、大勢の人出で賑わった。晴れ着や羽織袴の参加者が見られ、小東京の方々で正月情緒が漂う中、書き初めや餅つき、獅子舞など日本伝統の正月文化を披露し盛大に祝った。

特集記事
0

 小東京に新年の幕開けを告げる新春祝賀イベント「お正月イン・リトル東京」(南加日系商工会議所主催・竹花晴夫会頭)が1日、ウエラーコートとジャパニーズビレッジプラザの2カ所で同時に開催された。遠方からも多くの参加者が訪れる中、獅子舞や餅まきなど日本の正月がそのままロサンゼルスで再現され、2012年の門出を盛大に祝った。

特集記事
0

 沖縄県で10月12日から16日にかけて行なわれる「第5回世界のウチナーンチュ大会」のプロモーションのため、同県の仲井眞弘多知事が6日、北米沖縄県人会館を訪れた。同知事は10日間の日程で、ロサンゼルスをはじめ、カナダ、ニューヨークなどの北米各地を訪問。約80人の沖縄県人会員が集まる中、南加地区に住むウチナーンチュ(方言で「沖縄の人」)の積極的な参加を呼び掛けた。