Browsing: 看護師

磁針
0

 4月末から5月にかけて一カ月ほどの間に友人、知人の葬儀に4回も出る羽目になった。その一人がアメリカ人の花子さん。  花子さんにはデニースという本名があるが、生け花の先生につけてもらった花子という名前が大好きで、電話をかけてくるときは必ず「ハーイ、ハナコで〜す」だった。

磁針
0

 このたび天皇・皇后両陛下は初めてベトナムを親善訪問されました。ベトナムでは国賓としてクアン国家主席夫妻の晩餐会に招かれ、手厚い歓迎に感謝すると共に、8世紀の昔から両国には文化や交易の交流があり、現在も18万人ものベトナムの人たちが留学生、看護師、介護福祉士などで在留していることを述べられ、今回の訪問が両国のさらなる交流と発展に資することを願われました。

磁針
0

 年明けて母に付き添って心療内科の定期検診に行った。父が亡くなった後に鬱(うつ)で寝込んでしまった母も、数年通院した今では幸いなことに、時には一人で外出するまでに回復している。  近況を報告すると、「いいお正月を迎えたようで良かったですね。

磁針
0

 先日、ラグビーの試合でけがをして、UCLAの病院にお世話になった。担当した看護師の一人であるVさんの働きぶりが印象に残る。夜中の勤務で、根気のいる大変な職業だ。自分の母親も看護師だったので、このように動き回って患者を労っていたのだろうと

磁針
0

   今年の冬は寒暖の差の大きい冬だった。各地で大雪が降ったり、中国大陸より黄砂が押し寄せたり、3月の半ばには夏日を思わせるバカ陽気。気候の変動が甚だしい。そのバカ陽気を受けてお彼岸過ぎに一斉に各地で桜が咲き始めた。慌てたのはお花見宴会関連の業者。

磁針
1

   5月の18日に右目の、23日に左目の白内障の手術を福岡の病院で受けた。  経過は実に良好で、手術を受ける前の不便さや不快さはいったい何だったのだろうと自問してしまうぐらいに明澄な視力を回復した。  いや、回復というのは正確な表現ではない。

磁針
0

 東日本大震災後、初めて迎えた子供の日。本来であれば多くの子供が家族と楽しい休日を過ごすはずだったのに、震災によってすべてが一変してしまった。  自衛隊、警察・消防関係者、医療関係者等は地震発生直後から黙々と救助、復旧活動をしているが、地震発生の5日後に現地入りしたある看護師が、