Browsing: 県人会

磁針
0

   「光陰矢の如し」―1年の半分が過ぎ去った。あちらこちらで開かれた新年会が、つい最近行われた感じがしてならない。花見、節分、ひな祭り、端午の節句などなど、日本の伝統行事が行われ、文化継承の重要さをあらためて思い知らされた。

磁針
0

   歳をとると「きょうよう」がないといけないそうである。さもありなん。長年培ってきた教養は老後を豊かにする。だてに年はとってはいません。と思いきや、教養ではなく、今日用なのだそうである。  今日は透析を受けるちょっとつらい用がある。

磁針
0

   「こんなことは、県人会がすることですよね」と、知人が言った。身寄りのいない、お年寄りのお世話をすることになった経過を話しているときのことだ。「彼女も県人会に入ってました。でも、県人会の人は関わっていなかったんですね。昔は県人会で助け合っていたんですよね。お寺の

特集記事
0

 南加三重県人会は19日、モテンテベロのクワイエットキャノンで総会と新年親睦会を開いた。太田勉会長以下、全役員が留任し、60人を超える参加者が余興や会員寄贈の39インチHDテレビを目玉とするドアプライズを楽しんだ。また、参加者全員に会員企業からの大福餅が一人に4個ずつ土産として配られた。

特集記事
0

 南加滋賀クラブ(榎智寿会長、会員約100家族)は17日、恒例の新年総会と親睦会をアルハンブラのゴルフ場「アルマンサーコート」で催した。会場には来賓をはじめ会員家族ら約45人が参加し、互いの親睦を深めた。

特集記事
0

 南カリフォルニアで40県人会が加盟する南加県人会協議会は10日、2013年度新役員就任式および親睦会をモンテベロのクワイエットキャノンで催した。在ロサンゼルス日本総領事館の新美潤総領事をはじめ、日系諸団体の代表者ら約200人が見守る中、岩下寿盛会長および新役員の就任式が執り行われた。

特集記事
0

 南加神奈川県人会(フランク・川瀬会長)は8日、恒例のサマーピクニックをトーレンスのウィルソン公園で催した。会場には、日本人、日系人、非日系人約170人が集まり、「故郷・神奈川県」をキーワードに、青空の下のピクニックを満喫した。

磁針
0

   7月に入り、ピクニックシーズンが到来した。この時季になると郷土料理を堪能し、同郷人との交流や、故郷の伝統芸能にも触れられるとあって、毎年楽しみにしている日本人も多いことだろう。また先祖ゆかりの地に思いをはせる日系3世、

磁針
0

 デイライトセービング・タイムが始まり、これからの季節、南カリフォルニアでは友だちや親類などの集まりは、バックヤードでのBBQが多くなる—との説明に、まだ雪が残っているインディアナ州の知人は、寒い地方ではなんといっても鍋料理が一番と言う。  もちろん、日中は暖かな南加とはいえ、夜ともなれば気温はまだ華氏50度台。

磁針
0

 暦も如月2月ともなれば、「今年こそは」と誓った新年のレゾリューションもどこへやら。「な〜に、卵と誓いは破れやすしというから、来年また誓えば…」と、元の木阿弥の日々を送っている人が大半なのでは?!  誓いとは言葉で立て、言葉は風のようなもの。だから、たいがいの誓いとか願いは、凪の時には忘れられる。

磁針
0

 先週の氷雨は標高500フィートの山稜まで雪化粧。週末には晴れ上がって、LAダウンタウンの高層ビル越しに見る冠雪のサンバナディーノ山系が美しい。  毎週日曜、文化活動や県人会活動が盛んな日系コミュニティーでは、グループごとの新年会が続いているが、季節は、はや3月。