Browsing: 立春

磁針
0

 2月2日の節分、3日の立春から早くもひと月が経ちいよいよ3月だ。明日3日はひな祭り、三色のひし餅を食べよう。徐々に春に向けてこよみが進む中、3月は卒業式や公官庁、企業が年度末の締めの作業や整理、新年度への準備や引っ越しなどで忙しい月。やがて春4月を迎えれば日本の社会は新鮮な気分で入学式、入社式、新予算での新企画の取り組みなどコロナ禍の中も新しい活動を始める。

磁針
0

 納豆を混ぜる時、いつも思っていた。よく混ぜろというが、一体どれくらいかき混ぜればいいのかと。100回混ぜるとよいとか、納豆は混ぜれば混ぜる程おいしくなると北大路魯山人が言ったとか…先日、記事が伝えていた。  コーヒーミルのような形状の、その名も「魯山人納豆鉢」という納豆をかき混ぜるマシンがあるらしい。

磁針
0

数字の意味  もう5月、1日はメーデーで、2日は八十八夜、立春から数えて88日目。茶摘みの盛期。新茶が出回り、5日の子供の日を控えて、当地リトル東京の和菓子屋の店先にも柏餅が並ぶ。  5月は、日本ではゴールデンウイークと祭日が続く。その祭日の一つが入った歌がある。

磁針
0

 一度高層ビルに当たったミシガン湖からの寒風が、シカゴの街に吹きおりてくる風の街の冬。時々寒気のゆるむこともあるが、やはり3月まではバカに出来ない寒さである。  気温はともかく立春も過ぎて、世は大統領選の予備選挙戦たけなわだが、立候補者が多すぎて混乱状態が続いており、当てにならない公約にも、対抗馬との泥仕合の攻防戦にも、いささか食傷気味になってきた。

磁針
0

   日本の暦では、季節は春を迎えた。節分は、季節の移り変わりのとき、立春、立夏、立秋、立冬の前日のことだが、豆まきの節分だけが知られている。  今年の節分は日曜日で、スーパーボウルと重なった。試合前「鬼は外、福は内」と鬼打ち豆を