Browsing: 第二次世界大戦

磁針
0

 空はどんより曇り空。しかも寒いし、雨も雪も降る。太陽はなかなか昇らないのに、あっという間にいなくなる。気分が沈むのは天気のせいかなと思いつつ、それが言い訳であるというのも分かっている。  休みをもらってドイツの首都ベルリンへ。「東」の風情を味わってみたくて旧東ベルリンを中心に散策した。

磁針
0

 両親を連れて、能登にある演劇堂での仲代達矢さんと無名塾による「肝っ玉おっ母と子供たち」という演劇を鑑賞しました。この物語はドイツの劇作家ブレヒトによって第二次世界大戦中に書かれた戯曲で、17世紀のヨーロッパの宗教戦争(30年戦争)で、戦火を幌馬車で渡り歩く『肝っ玉』と呼ばれたアンナ・フィアリングが主人公です。

コミュニティー
0

 チェスター・ウィリアム・ニミッツは、第二次世界大戦の太平洋艦隊司令官。いわばアメリカの対日戦争における海軍トップだ。陸軍出身のダグラス・マッカーサーがあまりにも有名なので、その陰に隠れがちだが、アメリカの軍事史を語る上で欠かせない偉人である。

磁針
0

 「とても良かったです、ダックツアー」と、日本からこの夏訪れた甥夫婦はシアトル観光を楽しんで帰っていった。  スペースニードルの足元を出発した水陸両用バス「ダック」は、セーフコフィールド、パイオニアスクエア、パイクプレイスマーケット…と運転手のユーモアたっぷりの解説で、時には全員でガアガアとアヒル笛を鳴らしつつ、シアトル中心部の見どころを巡る。

コミュニティー
0

 第二次世界大戦中、外交官という立場にありながら外務省の訓令に反し、ナチスドイツの迫害から逃れるユダヤ人難民に日本国通過査証(ビザ)を発給し、およそ6千人の命を救ったことで知られる杉原千畝。彼が発給した「命のビザ」で生き延びたレオン・プロハニック氏(82)と千畝の姪孫・杉原哲也氏が当地ロサンゼルスで対面した。【吉田純子、写真も】

磁針
0

 映画館に行くと、他の観客が帰り始めても必ずエンドロールの最後まで見ることにしている。それほど映画通というわけではないし、映画界に知人が多いからでもない。エンドロールに記載されている日系人や日本人名を見つけるのが楽しいからだ。

磁針
0

   年をとるにつれ歴史に興味を持つようになった。  ネットでのリサーチ中、「15世紀のヨーロッパで最強国は?」という質問に出くわした。  正解はリトアニア大公国。ヨーロッパ北東部のバルト三国のひとつである。

磁針
0

   異文化を学ぶことでお互いの理解を深め合おうと企画された市民団体のコミュニティー訪問ツアーに参加した。  日系サービス・センターを訪れた一行が、柔道の道場を訪れ、和太鼓の練習風景をのぞき、折から開催していた日本の家庭料理教室にも立ち寄り

磁針
0

   80歳という世界最高齢でのエベレスト登頂を果たした冒険家の三浦雄一郎さんは峰の頂で見えたものを記者団から問われ「人生、夢を見て、あきらめなければ実現できる」と応じていた。  三浦さんの今回の挑戦はアンチ・エイジングがテーマだったそうで「80歳でもまだまだスタート

磁針
0

   東日本大震災から2年3カ月が経ち、これまで多くの映画人が震災映画を撮り続けてきた。先日ロサンゼルスを訪れた大林宣彦監督もそのひとり。ロサンゼルスでは最新作「この空の花―長岡花火物語」の上映会が行われ、監督自ら登場した。

磁針
0

   リサーチの仕事の途中で休憩をとった。コーヒーを飲みながら、Youtubeで最新の「ものまね」に寄り道。その後、本日のニュースをチェック。すると興味深いオリンピックの歴史に辿り着いた。  1940年(昭和15)の出来事だ。

1 2