Browsing: 米国版紅白歌合戦

コミュニティー
0

 日本政府の平成28(2016)年秋の叙勲者のタック西さんに対する伝達式が11月30日、ハンコックパークの総領事公邸で行われ、千葉明総領事から「旭日双光章」が授与された。受章は日本と米国間の友好親善と相互理解の促進、そして日本文化の紹介への寄与が認められ、西さんは「支えてもらった皆さんのおかげ。これからも頑張りたい」と、周囲の協力に感謝しながら、さらなる活躍を誓った。

特集記事
0

 在ロサンゼルス日本総領事館は、元県人会協議会会長のタック西さんに対する総領事表彰を7日、ハンコックパークの総領事公邸で行った。西さんは、民謡や詩吟など日本文化の浸透に貢献したり、エンターテインメントの司会で各種イベントを盛り上げるとともに、要職を歴任する各団体で精力的に奉仕活動に従事するなど、日系社会の発展に貢献した功績が認められた。

特集記事
0

 南加日系社会で新春恒例の第42回「米国版紅白歌合戦」(沖田成美実行委員長)が6日、小東京の西本願寺別院で催され、白組が2年ぶりの優勝を飾り昨年の雪辱を果たした。実力者で固め前半を大差のリードで折り返した白組は、紅組の猛追を振り切り、2点という僅差を制した。

特集記事
0

 日系コミュニティーの年始め行事のひとつ「第41回米国版紅白歌合戦」(田村勇三委員長)が8日、小東京の西本願寺羅府別院会館で行われた。紅組、白組から各15人、合計30人の歌手が出場し、自慢の歌声を披露。接戦の末、2012年の勝利の女神は107対105で紅組に微笑み、新年の幕開けにふさわしい豪華な舞台となった。