Browsing: 米胸部疾患学会

Featured
0

 大気汚染を原因とする死者がロサンゼルス地区で年間1300人以上いることがニューヨーク大学と米胸部疾患学会(ATS)が行った調査で明らかになった。調査結果によると、LA都心部の大気汚染レベルはATSが推奨する基準を超えており、年間1341人が大気汚染を原因とする疾患で死亡していると推定された。【吉田純子、写真も】