Browsing: 結婚

磁針
0

 羅府新報に入社して1カ月。霜月になった。新たな環境で新しいことを習う毎日。不惑をとうに過ぎてからの新生活は戸惑うことも多いだろうと予想していた。ペースを保ちながらも一生懸命やろうとか、多少の空回りは覚悟しておこうとか、頭の中では準備した。  だが初日、緊張はマックスに。

磁針
0

 女心と移民法(イミグレーション規則)は前触れなしに、よく変わる―女心と秋の空が変わりやすいと言われたのは、今は昔。気象衛星の発達で天気予報は数週間先までかなり正確に予測可能になったが、移民国家アメリカの移民法は猫の目のように変わり、明日のことさえ分からない。

磁針
0

 夫の郷里、高知で迎えた新年。正月料理は高知流に、鯖の姿ずしなどを大皿に盛りつけた「皿鉢料理」だが、少しながらおせちも準備した。  海老、昆布、豆などおせち料理の食材にはそれぞれ、「腰曲がるまでの長寿」「喜ぶ」「まめに暮らす」など意味づけがある。

磁針
0

 娘が小学生のころからの友だちから「6月なかごろ結婚するのでブライドメイドをやってくれ」と頼まれ、いろいろと精出して手伝っていた。  ブライダルシャワー、バチェラレットパーティーはサンディエゴ、式と式のリハーサルはサンタバーバラと僕らが結婚した時より随分と派手だなーと思った。

磁針
0

 今年、新聞記事を読んでいてフム? と思ったことなどを書いてみる。  ◇黒人差別反対の抗議者がLA市長を取り囲み、講演を中止に追い込んだという記事。フム。  簡単に銃を撃つ警官がいることも確かであり殺された人には哀悼の意を表します。

磁針
0

 学生時代の友人夫妻に待望の第一子が誕生した。結婚して7年、なかなか妊娠できず、2年前から不妊治療を始めていた。  夫婦ともに健康状態に問題はなかったが、30代後半の妻の卵子は老化し、40代前半の夫の精子は数が少なく運動性に乏しく、体外受精後も受精卵が育たなかったり、子宮に戻しても流産してしまったりと、出産までの道のりは決して、平たんではなかったという。

磁針
0

 師走に入ってから、暮れ、年末、年の瀬、仕事納め、忘年会などと耳にするだけで、慌ただしさを感じさせ、暇で平穏な時でさえも、日本人だからだろうが、焦燥感に駆られる錯覚に陥ることがある。おせち料理作りや年賀状書き、大掃除などと忙しく、迎春準

磁針
0

   「アメリカには、オレオレ詐欺はありませんか」。師走の日本で尋ねられた。  高齢の母がまとまった額を預金から引き出したいと言うので私が電話で問い合わせると、「お宅に伺います」とやって来たJA(かつての農協)の青年職員。そんなことで自宅まで来てくれると

磁針
0

   「自分と結婚しなければ、奥さんにこんな辛い思いをさせることはなかった。そう思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいだよ」  前回日本へ一時帰国した際、小学校時代の友人男女10人程度が集まり、ミニ同窓会を開いた。これは、その時に参加したひとりの友人男性の言葉

磁針
0

   慎ちゃんは、妹の夫です。妹がどんな人と結婚するのか想像すらできなかったのですが、それは寡黙で、几帳面で、誠実な人柄が一目で分かる青年でした。夫婦で共に看護士という不規則な生活環境にも、元気でしっかり者の三人の娘たちが支えました。腎臓が悪くて長い間透析をしていた時

磁針
0

 数年交流が途絶えていた知人と再会した。途絶えていた間に、二人の子供を連れて離婚協議に入っていた。彼女が結婚したいと言ったときに、周りの大人たちは人種の違いを心配して、こぞって反対した。しなかったのは私ぐらいだったと思う。周りがとやかく言って止めたとして、彼女が後に悔いを残さないかを思ったからだ。

1 2