Browsing: 若尾龍彦

磁針
0

 12日、テニスの四大大会の一つ、全米オープンの女子シングルス決勝で、大坂なおみ選手がアザレンカ選手に2対1のフルセットで逆転勝ち、2年ぶり2回目の優勝を果たした。23歳未満でメジャー3冠を達成したのは、2008年のマリア・シャラポワ以来である。しかし当日の観客をはじめ世界の人々が感動したのはそのプレーと共に、彼女の人種差別への抗議行動だった。

磁針
0

 レーガン大統領時代、夕方によく5〜6機の大型ヘリコプターが西北西に向かって飛んで行った。彼はサンタ・バーバラの近郊に農園を所有し別荘としていた。レーガンは俳優出身の大統領だったが、臨機応変のユーモアを交えた会話や演説で国民の心をつかんだ。「強いアメリカの復活」をモットーに、それまでの知財政策を転換し、知財強化政策へと転換を図り、見事に成功させた大統領だった。

磁針
0

 ベランダに並べたさまざまな植木鉢、その中に引越し時に持ってきたスダチの鉢がある。ある朝、その葉に白と黒のまだらの虫を見つけた。この木にはよくアゲハの幼虫がくるのだが…と思っていたら、すぐにそれは青虫に変わった。ああ、見覚えがある。アゲハ蝶の幼虫だ。  それにしてもよく見つけるものだ。

磁針
0

 テレビで「死者の権利」という言葉を聞いてハッとした。なるほど、死者にも権利があるのだ。人権を主張する人は多いが、死者の権利を主張する人は聞かなかった。コロナウイルスの感染が急拡大した欧米では、コロナ感染死者は、臨終で行う聖体拝受・臨終の祈りなどに牧師も呼べないし、親族すら呼べない例が続出した。

磁針
0

 長かったね~。やっと外に出られるね。新型コロナウイルスの感染で緊急事態が宣言され、厳しい外出自粛が続いた街に笑顔が戻った。街ゆく人たちの表情も明るく見える。5月25日夕刻、安倍首相は記者会見で緊急事態の全面解除を告げた。  緊急事態が宣言されて1カ月半、人々には日に日にストレスが溜っていった。

磁針
0

 「新顔のウイルスは環境破壊の進んだ地域から浮上している。その多くはほころびかけた熱帯雨林の一隅か、人間の入植が急速に進んでいる熱帯のサバンナから生まれているようだ」。この記事は4月21日の日経新聞の夕刊「明日への話題」に「ホットゾーンを読み直す」と題した作家・篠田節子さんのコラムである。友人のメールで知った。

磁針
0

 武漢で発生し世界に広がったコロナ禍で街から人影が消えました。初めはタカをくくっていた日本も、横浜に寄港したクルーズ船を足止めし、2週間の船内隔離を実施しましたが、かえって船内感染が広がり多くの感染者を出しました。徹底した検査の必要性が叫ばれる中、韓国やドイツに比べると検査数は上がりません。

磁針
0

 友人たちと小料理屋での会食。キリッとして清潔感のある女将(おかみ)の店に、若く明るい女性が手伝いに入りにぎやかだ。会食の終わりに、話題が子ども食堂の話になった。なんと女将が昼間に子ども食堂を店でやりたいのだそうだ。この辺りは海に近く昔は新開地の下町である。周りには安くてうまい食堂や居酒屋も多い。

磁針
0

 今年の大相撲初場所は、千秋楽の最後の大一番でなんと前頭17枚目の徳勝龍が大関貴景勝を寄り切って優勝した。大相撲史上2度目、20年ぶりの幕尻力士の優勝だった。立ち合いにぶつかり合って激しい差し手争いになり、徳勝龍は左差し右上手という理想的な形になった。

磁針
0

 日本では年末になると各地で第九交響曲が演奏される。第九の作曲家・べートーベンはドイツのボン生まれ、貴族に仕える音楽士の父親から幼少時より音楽の特訓を受けた。1789年18歳の時フランス革命が勃発。ナポレオンの掲げる「自由・平等・友愛」に共鳴し、「僕の芸術は、僕と同じ貧しい人々の運命の改善にささげられなければならない」と親友の手紙に記した。

磁針
0

 近くの市民公会堂の上映会で「長いお別れ」を見た。最近、シニア向けに公共施設を活用した割引の上映会が盛んだが、会場の9割は女性の高齢者が占める。  本作は教育者だった父が認知症を患い次第に壊れてゆく過程で、その父を妻・2人の娘と孫が支えてゆく物語である。

磁針
0

 10月22日、天皇陛下の「即位礼正殿の儀」が行われた。台風19号の甚大な被害に鑑み、祝賀パレードは11月10日に延期された。あいにくの雨だったが、正殿の儀式が行われた時間だけは雨が止み、ひと時晴れ間も見られた。招待客は国家元首や国際機関などからの外国の賓客のほか、三権の長や国会議員など約2千人が参列した。

1 2 3 10