Browsing: 西タック

コミュニティー
0

 「100歳まで健康に働く」をモットーに活動する北米百働会(西タック会長)は15日、2015年度総会ならびに新春親睦会をモンテベロのクワイエットキャノンで催した。在ロサンゼルス日本総領事館の堀之内秀久総領事をはじめ、日系諸団体の代表を来賓に迎え、会員は健康に感謝するとともに、今後も日系社会への貢献を誓い合った。

ぴーぷる
0

 50年間で立ったステージは950回を超えた。「健康で、家族の支えがあったからやってこられた」と感謝の念に堪えない。任された司会は「1度もキャンセルしたことがない」。責任感が強く、母とよさんが亡くなった週末も、悲しみをこらえ舞台に上がった。「楽しみに来る客に辛い顔を見せてはならない」と、何事もなかったかのように気丈に振る舞い、脇役に徹した。

特集記事
0

 南加日系社会で新春恒例の第42回「米国版紅白歌合戦」(沖田成美実行委員長)が6日、小東京の西本願寺別院で催され、白組が2年ぶりの優勝を飾り昨年の雪辱を果たした。実力者で固め前半を大差のリードで折り返した白組は、紅組の猛追を振り切り、2点という僅差を制した。

特集記事
0

     「100歳まで元気に働こう」をモットーとする百働会が11日、モンテベロ市のクワイエットキャノンで毎年恒例の新春親睦会を開催した。小田切敏郎・在ロサンゼルス日本国領事をはじめ、日系諸団体からの来賓、同会の会員およそ70人が集う中、新役員の承認が行われ、カラオケや福引きなどの余興を楽しみ親睦を深めた。

特集記事
0

 「100歳まで健康に働く」を合い言葉に活動する北米百働会(伊藤富雄会長、会員数約100人)は6日、作永重一・在ロサンゼルス日本国総領事や日系諸団体の代表を来賓に迎え、モンテベロのクワイエットキャノンで新春親睦会を催した。参加者74人が祝吟やカラオケ、日本舞踊、ドアプライズなどを楽しみ、目標に向けて心を一つにした。

特集記事
0

 昨年、創立50周年を迎えた北米百働会(伊藤富雄会長)は14日、恒例の新春親睦会をモンテベロのクワイエットキャノンで催した。会場に集まった約80人は、「100歳まで健康に働く」という同会の目的を再確認し、互いの親睦を深めた。

特集記事
0

 元気な昭和生まれが中心となりさまざまな奉仕活動で日系社会を支える非営利団体「南カリフォルニア昭和会」は10日、古沢洋志・日系担当領事ら来賓を迎え2010年度総会と新年親睦会をモンテベロのクワイエット・キャノンで開いた。2年目の西タック会長が再任し、新年の門出を盛大に祝いながら奉仕に使命感を燃やす参加者約56人は決意を新たにし、さらなる社会貢献を誓った。

特集記事
0

 歌のインストラクター新原由美さんと新原さんの教え子約30人が共演する歌謡ショー「歌の仲間たちと共に」が11月22日、ホリデーイン・トーレンスで開かれた。生徒はレッスンの成果を発揮し、ソロにデュエット、踊りなど趣向を凝らした演出で会場をいっぱいに埋めた約250人の観衆を魅了した。