Browsing: 誕生日

磁針
0

   明け方、携帯電話が鳴った。一度は間違い電話かもしれないと放っておいたが、何度も鳴るので出てみると、2時間前に友人が亡くなったという知らせだった。交通事故だった。  享年41。奥さんと、5歳と4歳の娘を残して、たくさんの友人を残して逝ってしまった。

磁針
0

 実物を見たこともないのに、こうした方が龍らしいとか、この折り方のほうが龍に見えると言うのもおかしな話、と思いながら今年の干支の辰を折って迎えた2012年。  暑いくらいのお正月、リトル東京も賑わった。お正月行事の参加者は年々増えているのではないだろうかという印象を持つ。

磁針
0

 人生には誕生日だとか何周年だとか新年だとか、いろいろな節目がある。そして自分たちが作った節目を迎える度に、志を新たにし、新しい計画を立て、健気に反省もして、少しずつずれの出る人生の軌道修正をする。つまり人間はあまりはめを外さないために折々の節目を設けるらしい。

磁針
0

 再度日本に来ている。母の誕生日を祝い、日頃両親の手助けをしてくれている妹夫婦に少しでも骨休みしてもらおうと、福岡の実家に2週間近く滞在した。  89歳を迎えた母は、認知症の進んだ93歳の父との二人暮らし。  温和な性格で、かつて人に手を挙げたことも暴言を吐いたことも無かった父だが、

磁針
0

 姉の誕生日が過ぎてしまった。50歳になった。つまり半世紀。えー! あの姉がねえ、と不思議な感じだ。ここのところ、幼い頃の姉が夢に出てくる。もしかしてあんなに喜んだことって、あれ以来ないかも、とさえ考えてしまうある晩の思い出がある。