Browsing: 読売新聞

磁針
0

 スポーツ面を広げて、アッと声が出た。「錦織、右手首腱断烈」最低3カ月の療養が必要で、「今季残り全試合を欠場」と伝えていた。アーア、自己最高4位を記録した世界ランクだが、一からの出直しとは、厳しい状況だ。

磁針
0

 近年、産業のグローバル化が進み、アジアの新興国が台頭してきた。なかでも中国の存在は大きく、国際社会の産業や政治の構造を変えようとしている。  戦後急速に経済復興を果たした日本は、製造技術で急速な進歩を遂げ、対米貿易の巨額な黒字は貿易摩擦を引き起こした。

磁針
0

   年の暮れになると、かつて在ロサンゼルス総領事だった児玉和夫・国連次席大使から長文のEメールが届く。  12月26日付けのメールで「政権交代を二度連続もたらした有権者の判断」を評価した児玉さん。その一方で、選挙後、

磁針
0

 「日本異質論」のジェームズ・ファローズ氏の夫人、デボラ・ファローズさんの書いた中国滞在記、『Dreaming in Chinese Mandarin』が米アジア通の間で話題になっている。  持ち前の好奇心と言語に対する専門知識を武器に、中国人民の大海に溶け込んだデボラさん。「中国は共産主義一色の一枚岩なんかじゃないわ」と実感しつつ、