Browsing: 警官

磁針
0

 今年のアメリカは、春のコロナ・パンデミックに始まって、職権の範疇(はんちゅう)を超えた警官の暴力で失われた黒人の命や人権を守るために、人種を超えた市民が立ち上がり、全米各地で抗議デモが連日のように繰り返され、それが暴動や放火略奪に発展。その後始末もできないうちに山火事やハリケーン、洪水と天災が追い打ちをかけた。

磁針
0

 「BLACK LIVES MATTER」を初めて耳にした時、「黒人の命は大切」と訳してみたが、「誰の命も平等に大切だよ」と突っ込む自分がいて、どこか公平性に欠けるようで、すんなりと受け入れられない気持ちがあった。  ある日、専門家が「どの命も大事だが、ないがしろにされがちな黒人の命も大切ということだ」と解説するのを聞き、「なるほどそういうことか」と納得した。

磁針
0

 新型コロナウィルス感染拡大防止の外出禁止令でストレスが高まっているこの時期。再開に向けてのガイドラインが示され、お店が再開し始めたのもつかの間。ミネアポリス市で起こった、ジョージ・フロイド黒人容疑者を死に至らしめた白人警官に対する抗議行動が週末、各地で勃発。

磁針
0

 コロナウィルス感染予防のため、加州では外出禁止令が出て、3週間が過ぎた。中国の武漢で発生した新型ウィルスは、たちまちの内に拡散し、世界を混乱と恐怖に陥れている。  滞米以来40年、今回のような長期の外出禁止令が出たのは初めてである。人口密度の高いニューヨークの感染者数は爆発的に増え、毎日うなぎ上りの死亡者数を見るのが恐ろしい。

磁針
0

 今年もあっという間に師走だ。あれよという間にアメリカ滞在36年目にもなる。初めてアメリカにきた留学時代は一年一年が長くて、本当に卒業できるのかと不安と苦悩の連続だった。しかし当時を振り返ると、新鮮で楽しいこともたくさんあった。初心に帰ってアメリカで驚いたシリーズをどうぞ!

磁針
0

 「生まれた時から肌の色や出自や宗教を理由に他人を憎む人などいない―」。バージニア州シャーロッツビルで昨年8月に発生した白人至上主義グループと反対派との衝突事件。前述の言葉は、1人が死亡し多数の負傷者が出る事態に発展したこの事件を受け、オバマ前大統領がツイッターに投稿したメッセージだ。

磁針
0

 今年、新聞記事を読んでいてフム? と思ったことなどを書いてみる。  ◇黒人差別反対の抗議者がLA市長を取り囲み、講演を中止に追い込んだという記事。フム。  簡単に銃を撃つ警官がいることも確かであり殺された人には哀悼の意を表します。

 ニュース
0

 武装していないカリフォルニア州立大学ロングビーチ校(CSULB)の学生がロングビーチ市警察(LBPD)の警官に撃たれ死亡する事件が先月発生。警官が発砲する必要性があったか否か疑問視する声もあり、4日には抗議集会が行われた。米国では警官による市民の射殺が増加しており、今回の事件でも警察批判が高まる可能性がある。

 ニュース
0

 ロサンゼルス・ダウンタウンのスキッドロウ地区で1日、男性がロサンゼルス市警察(LAPD)の警官に撃たれ死亡する事件が発生した。現場にいた目撃者がその一部始終を携帯電話の録画機能で捉えており、動画はインターネット上に投稿された。

磁針
0

 暮れから正月にかけて一冊のミステリー小説(全6巻)にどっぷり浸かってしまった。ミステリーの醍醐味は、作者が仕掛けたナゾをページをめくるごとに解き明かしながら、最後にはどんでん返しがあるところだ。

磁針
0

 ミズーリ州ファーガソンのマイケル・ブラウン事件に続いてニューヨークのエリック・ガーナー事件も、大陪審は警官を不起訴処分にした。  2件とも被害者は黒人であり、当事者の警官は白人。当然この決定は人種差別を大きく事件の前面に押し出し、地元だけ

1 2