Browsing: 赤十字

特集記事
0

 あの日、いったいどれだけの人が彼の歌声に心揺さぶられたことだろう。2011年3月11日に発生した東日本大震災から11日で5年目を迎えた。震災直後、福島第一原子力発電所の事故の影響で多くの海外アーティストが日本公演を中止する中、世界的オペラ歌手でLAオペラの総監督も務めるプラシド・ドミンゴ氏は迷うことなく日本へと向かった。そして予定通り日本公演を決行。彼が歌った「故郷」は人々の心を打ち、震災後の日本に勇気と感動を与えた。震災から5年、ドミンゴ氏に被災者への今の思いを聞いた。【吉田純子】

磁針
0

 2日の警察庁発表によると東日本大震災発生後、ピーク時の約47万人に比べれば減少しているものの、いまだに約10万人弱の被災者が2500カ所の避難所で不自由な生活を強いられている。  一方ですでに仮設住宅や民間の賃貸住宅に入居する人が増え、新たな生活環境を整え始めている。

特集記事
0

 サンタモニカ、ベニスに近いマービスタ・ファーマーズマーケットは15日、日本人による東日本大震災の被災者救済イベントを開催した。ブースを出し支援団体が義援金を募り、各パフォーマーは太鼓演奏や歌、ダンスを披露し来場者に支援を呼び掛けた。1667・99ドルを集め、地元の民間募金団体を通して被災地に送られる。

磁針
0

 3月11日に東北を襲った大震災…再び、こう書き出さねばならない。  近年のハイテクノロジーにより、ニュースは驚くべき速さで世界を巡り、日本を襲った地震や津波の被災者に対して並々ならぬ同情が寄せられ、世界各地で「日本を助けよう」と募金活動が始まった。  問題はその義援金がどのような経路でどの程度被災者に届けられるか、である。

特集記事
0

 小東京を管轄区に含む第9区のジャン・ペリー市議とクレンショー地区を管轄区に含む第8区のバーナード・パークス市議は17日午前6時から、東日本大震災の被災者救済と復興のための募金運動をロサンゼルス・ダウンタウンの市庁舎前で実施した。通勤途中の人や、ダウンタウンで働く人、また市庁舎横で催されていたファーマーズマーケットの買い物客など、多くが日本の被災者を思い募金をした。午後6時の終了時点で総額3万2000ドル以上が集まり、これらは米国赤十字社を通して日本へ送られる。