Browsing: 青木義男

コミュニティー
0

 外務省は、ロサンゼルスの人々が「知りたい日本」を発信することをコンセプトとした新たな発信拠点「ジャパン・ハウス」(仮称)の設置を2017年6月に予定し、運営委員会の初会合を21日、ハンコックパークの総領事公邸で開いた。現地の有識者からなる運営委員が意見を交わし、来米した薗浦健太郎外務大臣政務官から各委員に委嘱状が手交された。

コミュニティー
0

 二世週祭財団(テリー・ハラ実行委員長)が選出したパイオニア賞受賞者6人に対する表彰昼餐会が19日、小東京のダブルツリー・ヒルトンで開かれた。南加日系社会の発展のために尽力するリチャード・ユタカ・フクハラ、半田俊夫、猪瀬加代子、松前勝清、ジョージ・タカマサ・ナガタ、デビッド・ヒロシ・ヤナイ各氏の顕著な功績をたたえ、家族や奉仕仲間など出席者約250人が先駆者の受賞を盛大に祝った。【永田潤、写真も】

コミュニティー
0

 オレンジ郡日系協会(OCJAA)は2015年度役員就任式を1日、アナハイムのダブルツリースイーツで催し、参加者約160人が、2期3年目続投の藤田喜美子会長と役員の船出を祝った。藤田会長は、他団体との横のつながりを重視した連携を打ち出し「日系の絆を強める」考えを示した。地域への功労をたたえ、個人と企業を表彰した。

コミュニティー
0

 38県人会が加盟する「南加県人会協議会」は、2015年度役員就任式と親睦会を8日、モンテベロのクワイエットキャノンで開催し、小林正三会長(山形県出身)以下、新役員20人が誕生した。小林新会長は「地方文化の継承に力を注ぎたい」と述べるとともに、協議会の発展のための組織改革に取り組む意志を示した。

コミュニティー
0

 南加日系商工会議所は1月25日、アルハンブラのアルマンサーコートで2015年度の役員就任式とコミュニティー功労団体と功労者への顕彰式を開催した。今年3期目となる青木義男会頭の就任が決まり、今年度の役員を紹介するとともに、日系コミュニティーに貢献してきた個人と団体のこれまでの尽力をたたえた。

コミュニティー
0

 1904年に「羅府婦人会」として発足した「南加日系婦人会」(猪瀬加代子会長、会員85人)は5日、創立110周年を記念した祝賀昼餐会を小東京で催した。会場には、日系社会をはじめ各界の代表者ら約190人が集まり、社会福祉、日米友好親善、日本文化の普及など、同会の長年にわたる意義ある奉仕活動に敬意を示した。

特集記事
0

南加日系商工会議所(青木義男会頭)が運営する「日米修好百周年記念奨学金基金」の奨学金授与式と、功労者顕彰式が26日、モンテベロのクワイエット・キャノンで催された。奨学金は、優秀な成績で高校を卒業し今秋、大学に進学する日系子弟20人各自に1000ドルが贈られ、参加者96人が前途を祝した。また同奨学基金で尽力するアイリーン、エモリー・リーさん夫妻の功績をたたえ表彰した。

特集記事
0

 日本政府から昨年秋に叙勲を受けた在ロサンゼルス日本総領事館管区居住の2人の多大な功績をたたえる「叙勲祝賀昼餐会」が8日、モンテベロのクワイエット・キャノンで開かれた。日系社会から参加者約200人が受章者の長年にわたる勲功を称賛し、栄誉ある受章を盛大に祝った。祝賀会は毎年、南加日系商工会議所ファンデーションが主催している。

特集記事
0

 さまざまなソーシャルサービスを提供するオレンジ郡日系協会(OCJAA)は日系社会の多方面から参加者約160人を集め2日、アナハイムのダブルツリー・ヒルトンホテルで2014年度役員就任式と功労者表彰式を開催した。2年目の藤田喜美子会長以下、役員が就任し、2個人と1団体を地域表彰した。

特集記事
0

 それぞれの趣味を謳歌し会員間で親睦を深めながら、奉仕でも日系社会に貢献する「大正クラブ」は2月16日、モンテベロのクワイエット・キャノンで、今年度役員就任式と新年親睦会を開催した。就任2年目となる福岡健二会長以下、全役員が留任し、参加者約85人がフラダンスのショーや、社交ダンス、カラオケなどに興じて交流を深めた。

1 2