Browsing: 高齢者

磁針
0

 もう師走、今年も残すところあと3週間。今年の流行語ではなく、私にとって「心にひっかる言葉」は、「こんなところ(日本語が分からない誰も知った人のいない)で死にたくない」だろう。  異国で老いて、誰も身内がいない、しかも英語ができない、法的

磁針
0

 人は誰でも、自分とはまったく別の身分や外見になりたいという欲求、変身願望を持っているという。その対象は超能力の持ち主だったり、カッコいいアニメの主人公だったり、可愛い動物だったり、さまざま。  しかし、簡単には変身できない現実を前に、時に空

磁針
0

 東日本大震災から3年半がたつ。「奇跡の一本松」で知られるようになった被災地・岩手県陸前高田市の現状をNHKテレビで見た。昨年4月、カリフォルニア州クレセントシティに漂着した小型ボートは、同市の高田高校の実習船だった。津波に押し流されて2年

磁針
0

 二世週祭のパレード、七夕祭りの週末が過ぎた。周りの高齢者の中には、来週かと思った、という人もいる。情報が行き渡らないのと、外出が困難など、理由はいろいろ考えられる。  七夕飾り作りを、搬入ぎりぎりまでして、やっと会場に持ち込んで、やれやれ。

磁針
0

 あと一週間で8月という日、カルヴィン満生が逝ったというニュースは人から人へ、電話で、Eメールで、テキスト・メッセージで、静かにしかし素早くシカゴの日系コミュニティーに広がった。  カルヴィンは日系三世の弁護士でコミュニティーリーダーの一人

磁針
0

   わが母校の前身は北予中学、司馬遼太郎「坂の上の雲」の秋山好古陸軍大将が校長を務め、戦後城北高等女学校が合流し松山北高等学校となった。  ところで、全国の学校の同窓会にとって会の盛衰を左右するのは会員名簿の充実だが、2003年に

磁針
0

   「こんなことは、県人会がすることですよね」と、知人が言った。身寄りのいない、お年寄りのお世話をすることになった経過を話しているときのことだ。「彼女も県人会に入ってました。でも、県人会の人は関わっていなかったんですね。昔は県人会で助け合っていたんですよね。お寺の

磁針
0

   「アメリカには、オレオレ詐欺はありませんか」。師走の日本で尋ねられた。  高齢の母がまとまった額を預金から引き出したいと言うので私が電話で問い合わせると、「お宅に伺います」とやって来たJA(かつての農協)の青年職員。そんなことで自宅まで来てくれると

磁針
0

   高い失業率が続く昨今。大学の学費は上がり、なんとか卒業しても今度は就職先が決まらず、追い打ちをかけるように学生ローンの返済が。職が決まらぬわが子のために一肌脱ぐ親の姿もある。そうした中、「老後は悠々自適に暮らしたい」と設計を立てていた親たちの老後生活の雲行きも

磁針
0

   80歳という世界最高齢でのエベレスト登頂を果たした冒険家の三浦雄一郎さんは峰の頂で見えたものを記者団から問われ「人生、夢を見て、あきらめなければ実現できる」と応じていた。  三浦さんの今回の挑戦はアンチ・エイジングがテーマだったそうで「80歳でもまだまだスタート

磁針
0

   年が明けるとすぐに、待ちに待った還暦。MTAバスはまだでも、映画はシニア料金で見られる。早くこいこいお正月ではなく、誕生日。いつも誕生日はうれしいが、今回は指折り数えて待っている。シニアは55歳からだったり、60、62、65とまちまちだが、

磁針
0

   ウエブサイトを開けば日本のニュースに飢えることの無い時代だが、新聞とは違った視点でニュースを取り上げる週刊誌の特集物も面白い。ドル安の昨今、日本の週刊誌を定期購読するのは家計がゆるさないが、有難いことに、週刊誌を購読している知人から三、四週間遅れで回してもらえる恩恵に浴している。

1 3 4 5 6 7