Browsing: JETRO

コミュニティー
0

 来年夏に予定する「ジャパン・ハウス・ロサンゼルス」開設へ向けたフォーラム「カルチャー・スタートアップ」がこのほど、日米の関係者を集め小東京の「タテウチ・デモクラシー・フォーラム」で開かれ、海部優子館長がプロジェクトの構想や展望を語った。訪米した日本人アドバイザー4人は、スペース・デザイン、食、物販、地方創生の各分野のコンセプトを紹介し、米国人有識者らパネリストらと意見を交わした。【永田潤、写真も】

コミュニティー
0

 約500社で組織するJBA(南カリフォルニア日系企業協会・三宅英夫会長)の設立55周年記念レセプションが2月25日、ハンコックパークの総領事公邸で開かれ、参加者約180人がこれまでの歩みを振り返り、エリック・ガーセッティー・ロサンゼルス市長ら来賓らが鏡開きをし盛大に祝った。加盟企業は、次の55年へ向け心を一つにし、団結を強めた。【永田潤、写真も】

コミュニティー
0

 JETRO(日本貿易振興機構)ロサンゼルス事務所は、日本食を米国のバイヤーなどに売り込むことを目的に、「日本食品マーケティング拠点」をカルバーシティー市の料理学校「New School of Cooking」に設置した。米国にも拠点を置く日本の食品関連企業や当地の料理関連会社の関係者らが集まる中、先月13日にはそのオープニングイベントが行われ、事業説明や日本産食品の紹介、またそれらの食材を使った米国人シェフによる調理実演も行われ、日本の食品の米国家庭での応用の仕方などを紹介した。[吉田純子、写真も]

特集記事
0

 「芸術的な霜降り和牛」と称されるブランドの「いわて牛」をはじめとする、被災地岩手の名産物を売り込もうと、達増拓也知事を団長とする訪米団13人が、業者を対象にしたプロモーションイベントを3日、ビバリーヒルズのビバリー・ヒルトンホテルで開いた。レストランの経営者や支配人、シェフ、流通業者などの参加者約170人に、地酒やコメ、味噌、お茶などを振る舞って手応えを掴み、さらなる販路拡大に意欲を示した。

特集記事
0

 設立15年目の新春を迎えた「米国日系レストラン協会(JRA)」は1月27日、小東京のダブルツリー・ヒルトンホテルで、今年度総会と新年親睦会を開き、波多野勲会長の再任が決定した。参加した業界関係者は、昨年ユネスコの世界無形文化遺産に日本食が登録されたことを好機に、さらなる普及に向け団結を誓った。

特集記事
0

 日本食総合卸売業、共同貿易(山本耕生社長)は、業者を対象にした秋恒例の食品見本市「日本食とレストランエキスポ」を19日、パサデナのコンベンションセンターで開催した。国内外から90社、2000人を超える来場者で賑う中、人気沸騰のラーメンやうどん・そば、焼酎などを紹介し、さらなる大衆化を促進した。【永田潤、写真も】

特集記事
0

 業者を対象にした焼酎試飲会が15日、トーレンスのマリオットホテルで催され、蔵元17社、米国進出蔵元2社、輸入卸企業4社が約50銘柄を紹介した。試飲会は「LAで入手できるほとんどの焼酎が試飲・商談できる」をコンセプトにJETROと日本酒造組合中央会が共催した。

特集記事
0

     日本貿易振興機構(JETRO)ロサンゼルス事務所は9日、南カリフォルニア日系企業協会(JBA)と共同で実施している「南カリフォルニア日系企業実態調査」の結果を日系メディアに発表した。同時に、今年4月に就任した同事務所の吉村佐知子所長があいさつに立ち、今後の活動内容についての説明を行った。

特集記事
0

 長・短編合わせて19作品を紹介する日本映画祭、第1回「LA EigaFest」が11日からの3日間、ハリウッドのチャイニーズ・シアターで開催された。日本未公開でLAプレミアの「ミロクローゼ」を上映、石橋義正監督と主演の山田孝之があいさつを行いEigaの世界普及に一肌脱いだ。

特集記事
0

 焼酎と泡盛のおいしさを知ってもらい販売促進・輸出拡大を目的とする試飲会がこのほど、センチュリーシティーのインターコンチネンタルホテルで催された。九州、沖縄の蔵元16社が約50銘柄を売り込み、ストレートに水・お湯割り、ロックに加え、カクテルにも適すなど焼酎の万能性を訴えた。

特集記事
0

 今年、創立30周年を迎えた日系食品会社57社で組織する親睦団体「七味会」(会長=清水照雄・ミヤコ・オリエンタルフーズ―やまじるし味噌副社長)は3日、トーレンスのミヤコ・ハイブリッドホテルで年次総会と親睦忘年会を開いた。参加者60人が今年1年の活動を振り返り、和食を食べてマジックショーなどを楽しみ絆を確認した。

1 2