Browsing: UCLA

特集記事
0

 南加の県人会で最大規模を誇る北米沖縄県人会(904世帯、約2500会員)は20日、モンテベロのクワイエットキャノンで新年総会と親睦会を開催し、國吉信義新会長が就任した。芸能部による民謡や舞踊、太鼓演奏など郷里の琉球芸能を披露し会を盛り上げ、参加者約680人が新年と新会長をはじめとする新役員の門出を盛大に祝った。

磁針
0

   小学校レベルの教育しか持たない両親の下にメキシコで生まれ、幼少期にアメリカに移民してきた少年は、10代のころからアルバイトをして家族を支えた。父はスプリング製造工場で働き、母は凍るような寒さの中、食肉加工会社で梱包作業をしていた。

磁針
1

 1月1日に発行した新年号の特集記事で、「障害者の自立」をテーマに、UCLAエクステンションの「パスウェイ」で勉学に励み、自立へ向け大学生活を満喫する障害を持つ学生たちを取材した。  パスウェイに通う学生たちは、学習障害や自閉症、アスペルガー症候群、ダウン症などといった知的障害や発育障害を持つ

ぴーぷる
0

 長嶋茂雄、王貞治、ハンク・アーロン、カール・ルイス、ディエゴ・マラドーナ、ビヨン・ボルグ、アンドレ・アガシ、ジャック・ニクラウス、アーノルド・パーマー、ファラ・フォーセット、ロジャー・ムーア、ブルック・シールズ、ローリング・ストーンズなどなど。「数え切れない」というほど多くのセレブリティーと一緒に仕事をし、世界を飛び回った。