Browsing: SAYURI

特集記事
0

 2005年からロサンゼルスに拠点を移し、女優、そして監督としても活動する桃井かおり。2月に行われたベルリン国際映画祭では自身が監督、主演、脚本も手掛けた「火 Hee」がフォーラム部門の上映作に選ばれ、出演したドイツ映画「フクシマ、モナムール」は同祭国際アートシアター連盟賞を受賞。世界各国の映画人からオファーを受け、過去10年間で11本の映画に出演。今まさに世界を舞台に活躍する桃井に、監督作「火 Hee」への思いや制作中の裏話、LAでの暮らしについて話を聞いた。【取材=吉田純子】