Browsing: SoCalGas

 ニュース
0

 ポーターランチで昨年10月にガス漏出事故が発生した南カリフォルニア・ガス・カンパニー(SoCalGas Co)のガス貯蔵施設があるアリソ・キャニオンの敷地内で石油採掘を行っていたターモ石油社が、石油採掘の際に発生したガスを故意に大気中に放出し、証拠隠滅を図った疑いがもたれ、7万5千ドルの罰金が科せられた。ガス会社に続き、石油会社の新たな不祥事に住民は不信感を募らせている。【吉田純子、写真も】

 ニュース
0

ロサンゼルス北部ポーターランチにあるSoCalGas社の天然ガス貯蔵施設で4カ月近く続いていたガス漏出事故で、施設近隣住民の自宅内や屋外に油の残留物のような黒い斑点がいたるところに付着しているのが発見されたことを受け9日、ガス会社は施設からもっとも近い住宅街のおよそ140世帯を視察し、被害状況の確認作業を行うと発表した。【吉田純子、写真も】

 ニュース
0

 ロサンゼルス北部ポーターランチにあるSoCalGas社の天然ガス貯蔵施設で4カ月近くにわたって続いていたガス漏出事故で、転居先から帰宅した住民から、油の残留物のような黒い斑点が自宅内や屋外のいたるところに付着しているとの被害が相次いで報告されている。【吉田純子、写真も】

 ニュース
0

 ロサンゼルス北部ポーターランチのSoCalGas社の天然ガス貯蔵施設で昨年10月23日からおよそ4カ月近くにわたり続いていたガス漏出事故で18日、同社と石油や天然ガスなどのエネルギー資源の安全性を取り締まる加州機関「Division of Oil, Gas and Geothermal Resources(DOGGR)」はガス漏れが発生していたガス井は完全に封じられたと発表した。【吉田純子、写真も】

 ニュース
0

 ガスの漏出が停止したと発表された18日、自然保護活動や再生可能エネルギーの促進運動を行う環境保護団体「自然資源防衛協議会(NRDC)」のメンバーで南カリフォルニア・エコシステム・プロジェクト代表のデイモン・ナガミ氏に、4カ月近く続いた今回のガス漏出事故の環境への影響や、ガス貯蔵施設に関する今後の課題など話を聞いた。【取材=吉田純子、写真も】

 ニュース
0

 SoCalGas施設ガス漏出事故が発生したポーターランチに30年以上前から住む山口弘・淑子さん夫妻。暫定的に漏出が停止したとガス会社から発表があった後も引き続き転居先で避難生活を送る2人に、これまでの苦労やガス会社に対する憤りを聞く後編。【吉田純子、写真も】

磁針
0

 静けさと自然に恵まれたこののどかな住宅地の山の向こうで、ガス漏出が起きているとは到底想像できないような光景だった。  LA北部、人口およそ3万人のポーターランチを襲ったSoCalGas施設のガス漏出事故。

 ニュース
0

 昨年10月から続いているSoCalGasのガス漏出事故で、多くの住民が健康被害を訴える中、住民を守るため立ち上がったひとりの日系女性がいる。日比野恭子さんは2014年から同施設内で行われている事業に疑問を抱き、同年4月に環境災害への問題提起と住民との知識共有を目的にパートナーであるマット・パクーコさんとともにNPO「Save Porter Ranch」を立ち上げた。間もなくしてガス漏出事故が発生。事態は10年に起こった英石油大手BP社のメキシコ湾原油流出事故以来、最悪の環境災害にまで発展した。現在、住民らをとりまとめ、弁護団や環境問題の専門家らとともに事態の改善に向けて活動する日比野さんに話を聞いた。【取材=吉田純子、写真も】