0

「感謝お盆」で活動に一区切り:でも闘いは終わったわけじゃない

 さくらガーデンズ中間看護施設(ICF)の取り壊しと高齢居住者の移転問題に対する反対運動は、居住者の立ち退きが始まり、運動に力を注いだ関係者への感謝表彰を行ったことで一つの区切りを迎えたように見受けられた。だがこの日、立ち退き期限が迫る中で支援者たちが新たな挑戦の準備をしていることも分かった。

0

「自分の店は自分で守る」:渡辺悠子さん、暴徒に立ち向かう

 ロサンゼルス市内の3カ所で日本食レストラン「Yuko Kitchen」を経営する渡辺悠子さんは、5月30日未明、ダウンタウンの5街とサウス・メイン通りの角にある店舗でガラスを割られるなどの被害に遭った。ミネアポリス警官によるアフリカ系米国人男性拘束死亡事件に端を発した抗議運動に紛れ、LA各所でも破壊行為や略奪が発生。日本人経営の店も無差別的に攻撃対象となった 。「自分の店は自分で守る」。渡辺さんは悪行を続ける暴徒に立ち向かった。

0

「応援していただきありがとう」:ドジャースの監督の母心

 ドジャース、ワールドシリーズ優勝! 1988年以来、32年ぶりにチームを優勝に導いたデーブ・ロバーツ監督の母親栄子さんが、日本出身初の大リーグ監督となったデーブさんの生い立ちから、大リーグを目指して野球に打ち込み、少年時代からの夢をかなえた愛息の人一倍の努力を振り返る。そして「ドジャースの監督の母として、温かい応援をいただいた全てのファンの皆さまに感謝します。息子をよろしくお願いします」と、母心で訴える。【永田 潤】

0

135社、来場者2700人が商談に熱:MTC、経営と環境の「無駄ゼロ」提案

 日本食卸売の「Mutual Trading Co.(MTC・本社ロサンゼルス、大畑正敏社長、山本耕生会長)」は業界関係者を対象にした第31回「日本食とレストランエキスポ」を9月28日、パサデナのコンベンションセンターで開催した。日本国外で最古にして最大の規模を誇る日本食の見本市に国内外から参加した135社が、2677人の来場者を相手に自社の商品の売り込みや商談に熱を入れた。

0

「感謝お盆」で活動に一区切り:でも闘いは終わったわけじゃない

 さくらガーデンズ中間看護施設(ICF)の取り壊しと高齢居住者の移転問題に対する反対運動は、居住者の立ち退きが始まり、運動に力を注いだ関係者への感謝表彰を行ったことで一つの区切りを迎えたように見受けられた。だがこの日、立ち退き期限が迫る中で支援者たちが新たな挑戦の準備をしていることも分かった。

0

高校スポーツとトレーナーの役割:けがの予防、診断と処置、リハビリ

 オレンジ郡にあるサンクレメンテ高校のヘッドアスレチックトレーナーの吉野孝昭さんは、全校生徒約3千人、15種類ほどのスポーツプログラムを受け持ち、けがの予防、けがが起きた時の診断と処置、リハビリに携わる。今夏、羅府新報でインターンとして経験を積んだ京都先端科学大学の3年丸山智也さんと2年古谷涼さんは、米国スポーツの文化、マネジメント、ビジネスに関心を持つ。2人はテレビ会議ZOOMを利用して日米を結び、最前線で活躍する吉野さんに日本と米国の高校スポーツとトレーナーの役割について話を聞いた。

Nor Cal News
Life & Arts