大山さん殺害で逮捕:リ容疑者は第一級殺人犯

4

初孫のロビーちゃんを抱く優しいおばあちゃんの大山さん

 小東京に隣接するおもちゃ問屋街にある「チェットウッド・ホテル」で5日、支配人の大山秀子さん(74)が殺害された事件でロサンゼルス市警は14日、同ホテル前で記者会見を開いた。逮捕された中国籍ジェン・ホン・リ容疑者(39)は第一級殺人犯として裁かれる。

ホテル前で会見するバーノン警部補と、執念を見せ容疑者を逮捕した捜査官ら(後方)

 12日午後入った一般情報に基づき駆けつけた捜査官が一街とボイル街を歩いていた容疑者を発見し身柄を拘束、署に連行した。現場検証や法医学的証拠からリ容疑者の犯行と断定し逮捕した。それらの証拠の詳細は発表されていない。
 市警は容疑者がギャンブルの常習者とし、犯行の動機を金銭目的とみている。借金があったかどうかは調査中。同ホテルには1カ月ほど前から滞在していた。 
 リ容疑者はロサンゼルス地区の中華レストランを転々とし働いていた放浪者だった。香港出身で10年ほど前に米国に移住。永住権を保持していて、犯罪歴はなかった。
 小東京を含む第9区選出のジャン・ペリー市議が地区を代表しスピーチした。日系社会は活気に満ち地域メンバーの結束が強固で、市警との良好な関係を保ち防犯に努めていることを紹介。「この(安全な)小東京での本当にショッキングな殺人事件で悲しい」と話し、大山さんに哀悼の意を表した。
 大山さんは山形県村山市出身。1968年に台湾出身の夫と娘のジューンさんとともに渡米。夫とは離婚し、日本食レストランでウエイトレスをしながら女手1つで娘と脳性小児麻痺による知恵遅れの息子を育て上げた。

悲しむ大山さんの娘のジューンさん(右)とペリー市議

 15年ほど前に小東京に移り、住み込みで簡易ホテルの支配人をしながらパートタイムの仕事を掛け持ちした。2年ほど前に日系パイオニアセンターの市民権クラスを受け、米国籍を取得したという。
 チェットウッド・ホテルには約4年前から住み込みで働き、2年ほど前からミヤコ・ガーデンズに入居していた。多くの日本人旅行者や地元の宿泊客から慕われており、事件を知り日本からの問い合わせもある。
 会見に出席した大山さんの娘ジューン・ロワリーさんは気丈に振るまい、犯人逮捕に「ほっとしている」と話し捜査官の努力に謝意を表した。「元気で大きな心を持ち、ユーモアがあった。休みを取らない働き者で、孫(ロビーくん)を可愛がる優しいおばあちゃんだった」と亡き母への思いを語った。
 ジューンさんは葬儀を終えたら、「墓参りを何度もしたいのでサウザンオークス(ニューべリー)の自宅近くに葬りたい」と話している。
【永田 潤】

Share.

4 Comments

  1. 俺この人何回か会って話したことあるし・・・ひでーことしやがるな。安らかにお眠りください。(合掌)

  2. 16年前にチェットウッドホテルに泊まったことがあって、その時のオーナーさんも素晴らしい人でした。また利用したいと思い、1度いったことがあります。大山さんも素晴らしい方ですよね。ご家族で頑張って経営していただろうに、残念です。このホテルは貧乏人の私のようなものでも、旅行ができるように、安く泊まらせてもらえる親切なホテルです。旅行者も、いつも性格の良い人ばかり来ますよねえ。ここに来ると、素直な人間になってしまうんです、不思議と。とにかく悲しいですが、みんなで頑張って乗り越えてください。一緒に乗り越えましょう。

  3. もう4年も経っていますが、大山さん殺害事件、今日知りました。

    チェットウッド・ホテルは宿泊したことがないのですが、その昔、チェットウッドの斜め前?にあったホテル加宝に何度も滞在し、
    その後ホテル加宝が無くなったこと、加宝のマネージャー・大山さんがチェットウッドのマネージャーとして移籍されたことはWebで知ってたのですが・・・
    ホテルで殺害されていたとはショックです。

    90年代、まだ大学生だったころ、加宝でお世話になり、親しくさせていただきました。
    南米旅行の帰り、タンゴが好きだということで、おみやげにアルゼンチンタンゴのCDを差し上げたり、
    リトル東京のヤオハン(当時)へ一緒に行って買い物を手伝ってあげたこともあります。

    いつの日かまたロサンゼルスに戻ってお会いしたいなと思っていたのですが・・・

    ご冥福をお祈り申し上げます。

  4. もう4年も経っていますが、大山さん殺害事件、今日知りました。

    90年代、まだ大学生だったころ、チェットウッドホテルは宿泊したことがないのですが、その昔、チェットウッドの斜め前?にあったホテル加宝に何度も滞在し、当時加宝のマネージャーであった大山さんにお世話になり、また親しくさせていただきました。

    南米旅行の帰り、タンゴが好きだということで、おみやげにアルゼンチンタンゴのCDを差し上げたり、
    リトル東京のヤオハン(当時)へ一緒に行って買い物を手伝ってあげたこともあります。

    いつの日かまたロサンゼルスに戻ってお会いしたいなと思っていたのですが・・・

    本当に残念です。
    ご冥福をお祈り申し上げます。

Leave A Reply