サンタアニタ競馬場:27日、東京シティカップ開催―大井競馬場と友好継続

0

毎レース、白熱のバトルを展開するサンタアニタ競馬場

 サンタアニタ競馬場は27日(土)、東京大井競馬場との友好記念レース
「東京シティカップ」を開催する。長きにわたる友好関係を祝うこのレースは今年で15周年を迎える。同時に記念行事である「ジャパン・ファミリーデー」を催し日本の伝統文化、観光情報を紹介する。

大山空手の模範実演

 トップクラスのサラブレッドが出走する重賞レース(GⅢ)である東京シティカップは、米国内の重賞レースで海外の都市名を冠されている唯一のレース。当日は、引換券持参の先着1000人の来場者に対し、東京シティカップ特製のTシャツの配布を予定。その他、アンケートに答えた来場者に多くの特製グッズをプレゼントする。
 サンタアニタ競馬場社長のロン・チャールズ氏は「東京大井競馬場との長きにわたる友好関係を誇りに思います」と話す。「幅広く、奥の深い日本文化を地域コミュニティーの方々に紹介でき、また文化交流を深める機会を提供することができ、スタッフ一同、毎年このイベントを楽しみにしています」とイベントへの来場を呼び掛けている。
 東京シティカップと同時に開催される日本の伝統文化紹介行事「ジャパン・ファミリーデー」は茶道、華道、書道、折紙、琴、空手、相撲、民謡、和太鼓など多くの日本の伝統芸能・文化を紹介。さらに日本で活躍し、和をテーマにしたダンスパフォーマーAYANO(彩乃)が参加する。

和をテーマにしたダンスパフォーマーAYANOが参加

 AYANOは玉川大学卒業後、指導者としてプロダンサーを育てる傍らで、振り付け、各種イベントを手掛け企画・プロデュース。ユニット結成後もソロとしても精力的に活動する。「ダンスを気軽に楽しんでもらう」をコンセプトに独自の発想で、ダンスを通して人をつなぎ見ている人が自然に参加できるような体と心に訴えるパフォーマンスで高い評価を得ている。
 東京シティカップ開催15周年を記念して、甲冑に身を包んだ騎馬武者がレースコース上を駆け抜ける勇壮な相馬野馬追の甲冑競馬が復活する。
 その他、日本の観光地情報を発信する「Visit Japan」のコーナーや、日本のお祭り、竹馬など伝統的な遊びを紹介する祭ブースを設置。会場では寿司やカレー、お好み焼き、たこ焼き、緑茶といった日本食のブース、子ども向けのポニーライドやフェイスペイント、そしてよろいかぶとに身を包んだ侍との記念撮影といったさまざまな催しが行なわれる。

松豊会の民謡演奏

 当イベントのウエブサイト、www.tokyocitycup.comか本紙広告から無料入場券と特製Tシャツ引換券が入手可能なほか、イベントの詳細スケジュールも確認できる。サンタアニタ競馬場の開場時間は午前10時半、第一レース開始は午後12時半を予定している。
 サンタアニタ競馬場 は、ロサンゼルスの北東14マイルのアーケディア市に位置する。毎年121226日から4月下旬まで開園。水曜日から日曜日までレースが開催されている。
 東京シティカップの詳細はウエブサイト—
 www.tokyocitycup.com
 電話626・574・7223
 Santa Anita Park
 285 W. Huntington Drive
 Arcadia, CA 91007
 www.santaanita.com

福島伝統の「相馬野馬追」の侍たちの甲冑競馬がカムバックする


熱の入った太鼓演奏

Share.

Leave A Reply