メトロ理事会:完全地下鉄案を承認、小東京通る鉄道敷設計画

0

 メトロが現在進めている「ゴールドライン」と「ブルーライン」を小東京で結ぶ鉄道敷設計画「リージョナル・コネクター事業」で同理事会はこのほど、2街に沿って地下鉄を建設する「完全地下鉄案」を正式に承認、すでに提案されていた「2街一部地下鉄案」「テンプル通り地上路線案」と合わせ、環境影響調査を開始する。メトロ側は、秋には全調査を終了し、最終プランを発表するとしている。
 メトロが今までに提案していたのは、ブルーラインの7街駅からゴールドラインの小東京駅を結ぶ案として、(1)2街一部地下鉄案(2)テンプル通り地上路線案(3)バス路線利用案(4)建設なし案―の4案で、小東京協議会(LTCC)らは交通渋滞や工事にともなう地元ビジネスへの影響を懸念し、一部地下と地上の両案に反対を表明していた。これを受けメトロが代替案として「完全地下鉄案」を提案、小東京ワーキンググループとLTCCがこれを承認していた。
 「完全地下鉄案」は、当初の建設予定額を2億ドルから3億ドル上回る見積もりから反対の声も上がっていたが、最終的にメトロ理事会は同案を承認、今後「完全地下鉄案」と合わせ、「2街一部地下鉄案」「テンプル通り地上路線案」の計3案の環境調査が始まる。【グエン・ムラナカ、訳=中村良子】

Share.

Leave A Reply