世界少年野球大会:男女参加者を募集―今夏、東京で開催

0

元ヤンキースの故ジョー・デマジオ氏(中央)と野球を通し交流する世界の子どもたち

 日米の元ホームランキングである王貞治、ハンク・アーロンの両氏が提唱し、1990年に始まった世界少年野球大会(阿岸明子ディレクター)が7月29日から8月6日まで東京で開かれる今年度の大会への参加者(2人枠)を募集している。

世界少年野球大会の関係者ら―ハンク・アーロン氏(右端)、王貞治氏(右から2人目)、阿岸明子ディレクター(左端)

 「Catch Your Dream!」をスローガンに誕生し、今年が節目の20周年記念の同大会は「正しい野球を全世界に普及・発展させると同時に、世界の少年・少女たちに友情と信頼の輪を広げよう」という主旨。世界20~30の国と地域から招かれた少年少女(10と11歳)が、野球教室やさまざまな交流事業に参加する。
 大会参加者の中からは、WBC大会や五輪で活躍した選手がおり、日本人も甲子園球児やプロ野球選手が誕生している。これまでの参加者は、4300人を超え、参加国も137カ国になった。
 参加資格は、米国市民で大会開催時に10歳もしくは11歳で心身ともに健康であること。性別、野球経験は問わない。応募は今月31日まで。参加費は大会本部が負担する。
 参加希望者は、世界少年野球大会北米事務所まで、電話323・969・9410。
 Eメール―  
 [email protected]
 ウェブサイトー
 www.wcbf.org

Share.

Leave A Reply