二世週祭:ルアウ催し、資金集め―500人がハワイの夜満喫

0

ルアウを催した二世週祭実行委員ら。左から司会のタムリン・トミタさん、デイナ・ヘザートン同祭女王、田村二世週祭委員長、ハシモト・ホスピタリティー委員会委員長、司会のエミー・ヒルさんと、ヒルさんの娘ペネロープさん(右手前)

 今年で70回目を迎える二世週日本祭(田村勇人実行委員長)のファンドレイジング「ルアウ」(ハワイ式宴会)が20日夜、小東京の西本願寺羅府別院で催され、支援者など約500人が集まった。参加者はアロハシャツやムームを着てムードを盛り上げ、ハワイの郷土料理を食べながら、フラダンスやハワイアン音楽、各種オークション、ラッフル抽選会を満喫した。

ハワイの郷土料理が振る舞われた

 イベントは同祭のホスピタリティー委員会が主催。委員会は他にも、バスケットボール大会とベビーショーを催し運営資金を集めている。レイトン・ハシモト委員長は、「ルアウは家族連れの参加が多く、アットホームな雰囲気で楽しむことができる」と説明し、イベントの成功を誇った。
 今年の二世週祭は昨年、盛り上げに一役買った「七夕まつり」と「ねぶた」の再参加が決定。今年は、不況にもかかわらず、70回目の記念を祝って企業の多大な支援を得ている。多くの日系団体を支援するトヨタからは、ハイブリッド車「プリウス」が贈られることが決まっている。
 田村委員長は、企業や個人の寛大なサポートに謝意を表し、「日本の伝統文化を守りながら祭りを成功させたい」と抱負を述べた。
 二世週祭の詳細は同実行委員会まで、電話213・687・7193。
 www.niseiweek.org/
【永田潤、写真も】

ステージで披露されたハワイアンダンス

Share.

Leave A Reply