OCJAA:安部会長ら新役員就任ー地域功労の3者を表彰

0

伊藤・元ロサンゼルス郡検事(右端)の司式で宣誓する新役員

 オレンジ郡日系協会(OCJAA)は6日夜、シェラトン・アナハイムホテルで2010年度役員就任式を開催し、1月の理事会で承認された安部新二会長ら新役員13人が伊藤ルイス・元ロサンゼルス郡検事の立会いの下、職務を全うすることを宣誓し正式に就任した。安部会長は、新役員と力を合わせ社会福祉を拡充させることを誓った。
 同郡の日系社会における発展に尽力した個人と団体に贈られる地域功労者表彰は、OCJAA理事で元事務局長のショロダー郁子さん、「心太鼓」「宮崎保険サービス会社」が受賞した。
安部会長「社会福祉に力を」
参加者230人 新役員の門出盛大に祝う

 今年度役員就任式には、日系諸団体から来賓や代表など約230人が参加し、新役員の門出を盛大に祝った。2年目の安部新二会長は、同協会がメンバー一丸となって物事に取り組み成果を挙げていると誇り、社会福祉事業に力を注ぐ従来からの方針をあらためて表明した。

就任のあいさつに立つ安部新二会長

 あいさつに立った安部会長は、多岐にわたる協会の活動を紹介。敬老感謝の集い、若者への奨学金制度(大学進学予定者と日本文化継承者)、歳末の助け合い募金運動(南加日商主催)への参加、創刊19年になる月刊情報誌の発行など―。社会福祉では、無料インフルエンザ予防注射、ヘルプライン、医療・健康セミナーに加え、昨年からスタートさせた新プログラム「日系の介護者のためのセミナー」は参加者が増え続けているとし、「福祉にはさらに力を注ぎたい」と、意欲を示した。各活動への協力を求めた。
 安部会長は、松井秀喜外野手のエンゼルスへの加入に言及した。オレンジ郡日系社会にとって明るい話題。協会は昨年エンゼルスと手を組み、ジャパンデーを共催し成功させており、松井秀の活躍は両者の良好な関係継続に好影響を与えようとしている。
 来賓を代表し4氏が祝辞を贈り、安部会長の下での新役員の活躍に期待を寄せた。
 伊原純一在ロサンゼルス日本国総領事は、「すばらしい日系社会があるロサンゼルスの総領事が世界各都市の日本の総領事の中で最も幸せである」と力を込め、大きな拍手を浴びた。さまざな団体から成り立つ日系社会を「多彩なメンバーが団結して組織化し、活発で豊かであり世界に類ない」と評し、OCJAAを「日系社会の中で最重要の一組織である」と言い切った。最後に「日系社会と日米親善のために継続した重要な役割を果たしてほしい」と激励した。
 安部会長は、OCJAAの24年前の発足の理念を強調し「社会福祉の提供を継続し拡大して、目的意識を持った存在価値のある団体にしたい」。懇親会を開くなど会員間の絆を強め、情報雑誌を利用し活動を知らせ、ボランティアの増強につなげる考えを示した。人材育成の奨学金授与は、「(若者を)鼓舞する義務がある」とし「徐々に若返りを図りたい」と抱負を語った。
 今年度の役員は以下の通り。(敬称略)
 ▽会長=安部新二▽理事長=宮崎マック▽上級副会長=加藤譲孜▽副会長=浅見紳太、朝倉巨瑞、藤田喜美子、河内博幸、光林正二、西元和彦、沢岻安和、小谷洸弘▽会計=スコット孝子▽秘書=ゴールド佑子
【永田潤、写真も】

功労賞受賞者ら。左から心太鼓の福原ビクター会長、OCJAA理事のショローダー郁子さん、宮崎保険サービス社の宮崎マック社長と安部会長

Share.

Leave A Reply