シュワルツェネッガー加州知事:財政難に非常事態宣言

0

 カリフォルニア州のシュワルツェネッガー知事は6日、困窮する州財政に非常事態を宣言し、60億ドルの財政赤字の早急な解消に向け、州議員に対し特別委員会の開会を呼び掛けた。
 シュワルツェネッガー知事は、ヘルスケアと低所得者のための社会サービス事業の削減を提案。74億ドルの歳出カットの一環として、貧困家庭への生活補助を4月に15・7%減らし、7月には就労支援プログラムの撤廃を実施。また処方せんの受け取りを制限し、メディカル受給者に対し、内科診断を年10回にすることを提案した。
 特別委員会の設置は、財政改善の効果が出るまでには時間が掛かるのを考慮しての判断で、シュワルツェネッガー知事は「我々が今対策を考え実施することが大変重要である」との見解を示した。
 現会計年度で60億ドルの財政赤字に直面している加州では同知事の任期は間もなく終了し、ジェリー・ブラウン現司法長官が2011年1月3日に次期知事に就任する。
 シュワルツェネッガー知事の提案は、2期先の会計年度までに99億ドルにおよぶ歳出削減を見込んでおり、また次期知事の州財政改善の取り組みへの負担も軽減できるだろうとしている。 

Share.

Leave A Reply