加州離婚法が改定:法廷で口頭証言が必須に

0

 カリフォルニア州の離婚法が改定され、1日から新たな州法にもとづき離婚裁判が行われることになった。
 新たに施行された離婚法では、供述の権利を放棄するか、正当な理由が認められない限り、当事者は全ての裁判で口頭証言が求められる。
 口頭証言は審判時の貴重な資料になると同時に、判決を下す際にも、口頭による供述は証言の信頼性を把握するのに一役買うとの見方から施行が決定した。
 以前は、裁判前に供述書の提出が行われ、事前に書面による証言が求められていた。そのため裁判期間を短縮でき、費用の削減にもつながっていた。
 しかし、法廷で毎回口頭による証言が行われると、時間がかかるのと同時に、裁判の長期化により費用もかかることが懸念されている。
 裁判の長期化、延長をできるだけ防ぐためには、判事や裁判に携わる公務員数の増員なしに実現は困難なため、困窮する州財政をふまえると、現時点での法改正が適切なのかどうかを指摘する声もある。
 また新たに、裁判中は最終判決まで、できるだけ同一判事による審判が行われるよう改正された。
 養育権や両親の離婚後、子供と親との面会については、離婚後面会が認められても、子供の意志を重視するよう改正され、14歳以上の子供は、養育権や面会について、自身の意見を法廷で証言することができるようになった。  

Share.

Leave A Reply