ジョシを虐待することなかれ

0

 再びNHKへの苦言。NHKの「ジョシ虐待」がますますひどくなっている。助詞、いわゆる「テニヲハ」を省略することでNHKは、日本語を貧しくしつづけている。そのNHKに倣って助詞を省いた形で思考する日本人の頭脳を限りなく劣化させている。
 たとえば、NHKが普通に使う「会議は今月中、開かれます」というような言い方。〈今月中〉では、厳密にいえば、その会議が〈今月中にも〉開かれるのか〈今月中には〉開かれるのか、または〈今月中に〉なのかが分からない。〈今月中にも〉なら〈もっと遅れることもあるかもしれないが、事が順調に進めば案外に早く…〉というような意味が含まれる。〈今月中には〉なら〈新たな展開がほかに何かあったにしても必ず…〉という感じになる。〈今月中に〉なら、会議が開かれるのは今月に決まっていることになるわけだ。
 助詞を使わないと、そのような微妙な違いを無視することになってしまう。「ジョシ虐待」で日本語から表現の芳醇さを奪うことになる。その芳醇さに気づかなくなった分だけ、日本人は愚かになっていく。いや、芳醇さだけではなく、論理性さえ失われてしまう。
 「○○さん 健康のため 減食です」というような表現もNHKは好んで使う。抽象名詞や形容詞に〈です〉をくっつけてすませるNHKの幼稚な言語感覚にはここでは触れないで、〈健康のため〉だけについていう。
 先の〈今月中〉の例とおなじように、〈健康のため〉で放り出したのでは、それが〈健康のためにも〉なのか〈健康のためには〉なのか、それとも〈健康のために〉なのかの区別がつかない。〈健康のためにも〉なら〈ほかにも(たとえば金銭的な)理由があるのだが…〉というような意味合いが加わるし、〈健康のためには〉なら〈理由づけはいろいろできるが、とにかく…〉という思いが伝わってくる。〈健康のために〉なら、ほかの理由はないことになる。〈健康のため〉で終わっていては、このような違いがすべて無視されることになってしまうのだ。
 「ジョシ」をないがしろにして日本人の思考力を衰えさせるのも、もうやめてほしい。【江口 敦】

Share.

Leave A Reply