ロサンゼルス武道館:建設に向け一歩前進、市議会委員会が土地の利用許可

0

ロサンゼルス通りの2街と3街の間、小東京図書館の横に建設予定の「ロサンゼルス武道館」の完成予想図(LTSC提供)


 リトル東京サービスセンター(LTSC)のコミュニティー開発局が小東京に建設を提案している多目的スポーツ複合施設「ロサンゼルス武道館」について、ロサンゼルス市議会の情報技術公共業務委員会(トニー・カーディナス議長)は3日、LTSCコミュニティー開発局に土地の賃貸借許可を全会一致で承認した。17日に開かれる市議会の全体会議で正式承認される予定。
 ロサンゼルス武道館は、市が所有するロサンゼルス通りの2街と3街の間で小東京図書館の横(237~249 Los Angeles St.)に建設予定の1650万ドルをかけた多目的スポーツ複合施設。3万6000平方フィートの広さに、バスケットボールのコート4面や会議室が入るほか、ジョギングトラックや屋上に庭園が建設される。駐車場は450万ドルをかけ、計150スペースを建設予定。
 カーディナス議長は、武道館建設により市にもたらされる利益は、設備改良や税収入など総額2700万ドルに上ると述べ、建設を歓迎した。
 情報技術公共業務委員会によると、土地の賃貸は25年契約で、その後さらに契約を25年更新できる。
 同建設案が最初に発表されたのは1970年。当初は、サンペドロと3街角にある日米文化会館建設案の中にコート1面を含む武道館の建設が含まれていたが、同建設予定地が野口プラザに変更となったため実現しなかった。
 しかし、その後もコミュニティー内では「小東京の文化保存に役立つ」「若者を小東京に呼び入れることができる」など、建設の必要性が継続的に話し合われ、08年、建設予定地として市が所有する現在の場所が決まった。
 LTSCコミュニティー開発局のディレクター、ビル・ワタナベさんは、「われわれは、武道館を地域のための施設にしたい」と述べ、日系バスケットボールリーグや柔道、剣道、合気道などの利用にとどまらず、ロサンゼルス・ダウンタウンのコミュニティー全体に開放される。
 ロサンゼルス武道館の詳細はホームページで―
 www.budokanoflosangeles.com/
【グエン・村中、訳=中村良子】

 

Share.

Leave A Reply