日本政府:敬老の日で祝状贈呈へ―100歳の日本人、日系人対象

0

昨年、100歳の長寿祝いの表彰を受けた村上さん(右端)

 日本政府は毎年、敬老の日の記念行事として百歳の長寿者(海外在住の日本国籍の人を含む)に対し内閣総理大臣からの祝状および記念品の贈呈を実施している。また、このたび百歳を迎える長寿者で日本国籍を保有しない日系人に対しては在ロサンゼルス日本国総領事が祝状を贈る。総領事館では左記の対象者の連絡を呼び掛けている。
 ▽内閣総理大臣からの祝状等贈呈対象者
 1911年(明治44年)4月1日から1912年(明治45年)3月31日までの間に出生し、日本国籍を保有している人。なお、自己の志望により外国の国籍を取得(帰化)した人は、国籍法第11条の規定により日本国籍を喪失しており、本贈呈の対象とはならない。
 ▽総領事からの祝状贈呈対象者
 1911年(明治44年)4月1日から1912年(明治45年)3月31日までの間に出生し、日本国籍を保有しない日系人。
 ▽申請方法
 日本国籍の保有者は戸籍謄(抄)本やパスポートの写しなど氏名、性別、生年月日に加え日本国籍および本籍地を証明する書類を、日系人は氏名、性別、生年月日を証明する公的書類に加え日系人であることを説明する書類を添付の上、現住所を明記して次の宛先まで郵送またはFAXで申請する。
 ▽申請先は次の通り。
 Consulate General of Japan in Los Angeles
 Attn: Hirotaka Kakita
 350 South Grand Avenue, Suite 1700, Los Angeles, CA 90071
 ファクス213―617−6725
 ▽申請期限
2011年(平成23年)6月6日(月)
 ▽問い合わせ先
電話213―617−6700
担当―柿田領事相談員(内線470)またはハリー職員(内線420)

Share.

Leave A Reply