ハーンLA市議が当選:特別選挙、加州第36区の下院議員

0

 カリフォルニア州の第36選挙区の下院議員を決める特別選挙が12日行なわれ、ロサンゼルス市のジャニス・ハーン市議(民主党)が4万1585票(54・56%)を獲得し、対抗馬のビジネスマン、クレッグ・ヒューイ氏(共和党、3万4636票、45・44%)を破り当選した。
 今回の特別選挙は、前任のジェーン・ハーマン氏が2月28日に辞職したことを受け実施された。
 ハーン氏は2001年からロサンゼルス市第15区の市議を務める。選挙戦では両候補者ともに雇用創出を訴えていたが、ハーン氏は、クリーンエネルギー産業の発展のため連邦助成金を増やし、さらに解雇された労働者に対し職業訓練の機会を増やす必要性を強調していた。
 マリナデルレイやマンハッタンビーチ、レドンドビーチ、トーレンス、ウエストLAの一部を含む第36区は、民主党を支持する有権者が共和党支持者より18%多く、ハーン氏優位の選挙戦が展開された。
  

Share.

Leave A Reply