405FWYを一部閉鎖:橋の解体工事、16・17日も週末53時間

0

 7月16(土)、17日(日)の週末、ロサンゼルス郡都市圏交通局(MTA)は、フリーウエー改修工事の一貫として、サンディエゴ・フリーウエー(#405)のベンチュラ・フリーウエー(#101)とサンタモニカ・フリーウエー(#10)の間、セプルベダパスにあるモルホーランド橋の53時間に及ぶ解体工事を実施する。工事に伴い、405フリーウエーの南北両車線で一部区間の閉鎖が行なわれる。
 405フリーウエー北車線の閉鎖区間は、10フリーウエーと101フリーウエーの間の10マイル。南車線は、101フリーウエーとゲッティーセンター・ドライブ出入口の間の4マイルの区間が閉鎖される。
 7月15日(金)午後7時に、同区間出入口の閉鎖を開始。その後、南北両車線が、午後10時から18日(月)早朝5時まで閉鎖される。同日午前6時には閉鎖が解除され通常とおり利用できるようになる。
 405フリーウエー閉鎖に伴い、同区間周辺に延びる一般道セプルベダ通りでは交通量が集中し、大規模な混雑が予想されるため、区間閉鎖中は地元住民のみが利用できるよう制限される。
 MTAは405フリーウエーの一部区間閉鎖に伴い、同週末に限り、メトロ・レッドライン、パープルラインのほか、ウッドランドヒルズからノースハリウッドを結ぶサンファナンドバレーを運行するオレンジラインなどのほか、全部で26路線のメトロバスを無料乗車できるサービスを提供する。
 405フリーウエーの一部区間閉鎖に関するさらに詳しい情報はメトロのホームページ—www.metro.netで。 

Share.

Leave A Reply