住宅区域に出没:マウンテンライオン

0

 ロサンゼルス郊外のバーバンクとグレンデール近郊で、マウンテンライオンが今夏だけで6回も目撃されており、野生動物保護局とバーバンク市警察は地域住民に注意を呼び掛けている。
 警察当局が発表した最新のマウンテンライオン目撃情報によると、29日午後9時ごろ、バーバンク市北東のオークモント・カントリークラブに出没している。
 カリフォルニア州魚類鳥獣局はペットを飼っている住民に対し、夜間はペットを室内に入れ、エサなども屋内に置くよう指示している。また、特にマウンテンライオンの活動が活発になる夜は、単独でのジョギングやハイキングを避けるよう注意を促している。
 専門家によると、マウンテンライオンに遭遇した場合は、すぐに逃げようとすると動物の狩猟本能を刺激してしまうため、その場から立ち去らず、マウンテンライオンのほうを向いて両腕を上げてまっすぐに立ち、音をならしたり、石を投げるなどするのが効果的だという。
 マウンテンライオンを目撃した場合はバーバンク市警察(電話818・238・3000)またはバーバンク・アニマルシェルター(818・238・3340)まで連絡するよう呼び掛けている。 

Share.

Leave A Reply