加州知事が署名:LAにNFLスタジアム建設へ

0

 カリフォルニア州のジェリー・ブラウン知事は27日、アンシュッツ・エンターテイメント・グループ(AEG)が計画しているロサンゼルス・ダウンタウンのNFL(National Football League)スタジアム建設案を承認。コンベンションセンターで行われた式典に出席し、署名した。
 およそ7万2000人収容の新スタジアムは「ファーマーズ・フィールド」と名付けられ、AEG社が総工費12億ドルを投じて建設。コンベンションセンターの西ホールを取り壊し、LAライブとステープルセンターと隣接したスタジアムが誕生する予定。
 先月、ロサンゼルス市議会は全会一致で建設案を承認、州議会でも承認された。このスタジアム建設により6000人以上の正規雇用と1万4000人の仮雇用創出が見込まれている。
 一方、スタジアム建設反対派は、交通渋滞や大気汚染などスタジアム建設に付随して起こりうる環境問題などについてさらに検討すべきだと主張し、法的手続きを準備している。
 AEG社は2016年のフットボールシーズンの開幕までには工事を終了させたいとしているが、どのチームを誘致するかは決まっていない。 
 

Tags

Share.

Leave A Reply