加州2校がトップ3:世界大学ランキング

0

 上海交通大学が発表した2011年の世界大学学術ランキングで、1位のハーバード大学に次いで2位にカリフォルニア大学バークレー校(UCB)、3位にスタンフォード大学が選ばれ、カリフォルニア州の大学2校がトップ3にランクインした。
 4位に選ばれたのはマサチューセッツ工科大学(MIT)、5位は英国のケンブリッジ大学、英国の高等教育専門誌「タイムズ・ハイアー・エデュケーション(Times Higher Education)」の世界大学ランキングで1位だったカリフォルニア工科大学(通称CalTech)は6位、7位プリンストン大学、8位コロンビア大学、9位シカゴ大学、10位は英国のオックスフォード大学となった。
 加州の大学で上位50位にランクインしたのはUCLA(13位)、UCサンディエゴ(14位)、UCサンフランシスコ(18位)、UCサンタバーバラ(32位)、46位にUCデービス、UCアーバイン、南カリフォルニア大学(USC)の3校が選ばれた。
 日本の大学では東京大学が20位、京都大学が24位だった。
 同ランキングは教育の質、卒業生や教員のノーベル賞受賞者数、教員一人当たりの論文被引用回数などをもとに審査を行っている。

Share.

Leave A Reply