入江健二著者:「万里子さんの旅」が刊行、帰米2世女性の居場所探し綴る

0

 論創社からこのほど、単行本「万里子さんの旅―ある帰米二世女性の居場所探し」が刊行された。著者は、小東京で医師を務める入江健二さん。

このほど刊行された「万里子さんの旅―ある帰米二世女性の居場所探し」


 本書では、戦争、戦後の貧窮、夫の召集と病死―次々に襲う苦難を乗り越えた主人公・万里子さんが、娘2人を連れて戻ったアメリカでたくましく人生を切り拓いていく様子が描かれている。生地カリフォルニアから日本、満州、北朝鮮の収容所を経て再び日本、最終地アメリカへと続く、長い人生の旅路を綴った感動のノンフィクションストーリー。
 この書は『TVファン』誌(現在は休刊中)に、2005年2月号から2010年8月号に掲載された作品を加筆・訂正を加え一冊にまとめた。
 著者の入江さんは「この本は、アメリカ生まれのある『ヤマトなでしこ』からのメッセージです。それも、今の日本で暮らす人々への力強い応援歌になっていると思います」と話している。同書は紀伊國屋書店の小東京店とコスタメサ店で取り扱っている。
 
 入江健二(いりえ・けんじ)プロフィール
 1940年、東京生まれ、60年、東京大学入学。医学部時代はボート部在籍。66年、卒業と同時にインターン・医局問題を扱った、当時の青医連運動に参加。国立がんセンター、都立大久保病院を経て、71年渡米。UCLAでがんを研究。73年、日系一世対象の「健康相談室」開設。ロサンゼルス市内の病院で再修練の後、81年、リトル東京で診療所を開業、現在に至る。
 著書に『リトル東京入江診療所』(草思社刊)『リトル東京で、ゆっくり診療十七年』(草思社刊)がある。

Share.

Leave A Reply