メトロレール接続:小東京で設備工事開始

0

 

建設が予定されているダウンタウンのメトロセンター駅と小東京間を結ぶリージョナルコネクター(中央緑のライン)

 メトロはこのほど、ダウンタウンのメトロセンター駅と小東京駅間1・9マイルをつなぐリージョナルコネクター事業(メトロレール接続)で、小東京とダウンタウンに建設予定の全3駅周辺で11月から来年秋まで設備工事を開始すると発表。周辺住民やビジネスに理解と協力を呼びかけている。
 電気、ガス、水道管などの移動を伴う設備工事は、リージョナルコネクターの駅が設置される小東京の1街とセントラル、ダウンタウンの2街とブロードウエー、2街とホープの3カ所で行われる。
 工事時間は、月曜から金曜の午前9時から午後3時半まで、土曜日は午前8時から午後6時まで。また市の許可を得て、特別に日曜日午後11時まで工事が行われるところもある。
 13億7000万ドルをかけたリージョナルコネクター事業は6月、連邦交通局(FTA)の意思決定記録(ROD)発行を受け、連邦政府が定める工事にまつわる環境基準をすべて満たした。設備工事は鉄道工事を始める前に行う必要がある。トンネル掘削や駅の設置工事などといった鉄道建設工事は来年末に予定されており、完成は2019年を目指す。
 その他同事業に関する詳細はホームページで―
 www.metro.net/projects/connector/
【中村良子】

Share.

Leave A Reply