LA竹嶺会:名取披露の宴盛大に

0

木津竹嶺家元とロサンゼルス支部の木津嶺志津師から免状を授与された12人。黒の着物を着ているのが師範と準師範、青の着物を着ているのが名取に昇格した生徒


木津竹嶺家元と木津かおりさんの演奏


 創立33年を迎える日本民謡の竹嶺会ロサンゼルス支部(西屋国弘会長、支部長=木津嶺富師、木津嶺志津師)は2日、木津竹嶺、照子家元夫妻を招待し、モンテベロで名取披露の宴を盛大に催した。
 会場には、約200人の招待客が集まり、この日披露された新師範の木津嶺良(高野良子)さん、木津嶺紅(松元典子)さん、木津嶺式(アイリーン・ベッドフォード)さん、木津嶺由(岩下由美子)さん、木津嶺美奈(ラーセン・美奈子)さんの5人、新準師範の木津嶺幹(コルブ・ジェニファー)さん、木津嶺景(水島グレイス)さん、木津嶺彩(摺木ナンシー)さんの3人、また新名取の横尾嶺幸(横尾幸子)さん、上村嶺佳(上村佳)さん、是枝嶺梅(是枝ひさの)さん、三浦嶺佐智(三浦佐智子)さん4人の計12人が芸を披露した他、師範代の会員や家元をはじめ、家元の次女で日本コロムビア所属の民謡歌手、木津かおりさんの歌や三味線を楽しんだ。

お礼のあいさつに立つロサンゼルス支部の木津嶺志津師


 このほど師範に昇格した木津嶺式さんは、嶺志津師の長女。物心ついたころから琴やピアノ、ハープなどさまざまな音楽に触れる中、母親の民謡に対する熱意に引き込まれた。3世の嶺式さんは、「民謡を学ぶことで、音楽だけでなく日本各地の生活様式が伝わり勉強になる」といい、日本を訪れるたびに各地とのつながりを感じるという。
 嶺式さんの娘で、嶺志津師の孫にあたる木津嶺幹さんは5歳から民謡を習い始めた。この日、準師範に昇格し、「4世で日本語を話さないが、『音楽に国境はない』というように言葉が分からなくとも、歌の背景を理解できれば文化は学べる」として、民謡は自身と日本を結びつける貴重な存在だと話した。
 また、同じく準師範に昇格した木津嶺彩さんは、17歳の時にたまたま耳にした嶺志津師の三味線に魅かれ入会した。同会のモットーでもある「継続は力なり」に支えられ、高校、大学とカリキュラムなどで忙しくなる時期も乗り越え、現在に至る。
 「先生は音楽を教えてくれるだけでなく、その歌の歴史や文化背景なども分かりやすく説明してくれ、昔の日本がここに生きていて、それを(次世代に)つなげていく役割を自分も担っているということが、自分にとって民謡を続ける最大の魅力」といい、今後師範代を取得した際には、国籍、人種など関係なく、より多くの人に民謡の素晴らしさ、日本の温かみを伝え広めていきたいと、力強く抱負を語った。
 嶺志津師はこの日、手塩にかけ育てた生徒12人がそれぞれ立派に昇格した姿を見つめ、「モットーに添って続けてくれたことがとにかく嬉しい」と目を細めた。33年前の創設以来、現在も無料で指導を続け、多くの生徒を育て上げてきた。最近は、3世や4世といった日本語を話さない生徒も増えてきたが、「民謡は、おじいちゃんやおばあちゃんなど、世代を超えた人とのつながりを持てる貴重なコミュニケーション・ツール」だとし、生徒には、先祖があって初めて自分があるということを忘れないように、と指導している。
 さらに、創設から33年間、独立せずに一貫して支部の立場を貫いてきたのには理由がある。それは、3世、4世の生徒が増えるにつれ日本とのつながりが薄れていく中、「生徒に日本とのつながりを持ってもらいたかったから」。支部でいることで家元とのつながり、日本民謡協会とのつながりを持つことができ、日本を学ぶより多くの機会を生徒に提供できるからだという。
 竹嶺会の詳細は木津さんまで、電話310・618・6845。【中村良子、写真も】

集まった招待客200人を前に、演奏を披露する竹嶺会

Share.

Leave A Reply